SLJのタックルと釣り方

SLJのタックルと釣り方

SLJをご存じですか?

スーパーライトジギングのことです。

最近は、小型の軽いジグを使ったジギングの人気が高くなりつつあります。

小型の軽いジグを使うからと言って、釣れる魚が小さいとは限りません。

思わぬ大型が喰ってくることもあります。

ここでは、SLJのタックルと釣り方についてご紹介します。

SLJのタックル

SLJのタックルは次のとおりです。

SLJのタックルと釣り方

ロッド

SLJで使うロッドはSLJ専用ロッドがおすすめです。

ジグは60gまでのものを使うことが多いです。

そのため、ジグのMAXウェイトが60~80gのものが釣りやすいです。

長さは6~7フィートです。

リール

SLJで使うリールはスピニングリールを使います。

キャストして広範囲を狙う場合、スピニングリールはバックラッシュしないので使いやすいです。

サイズは3000~4000番がおすすめです。

真下に沈めるだけなら、ベイトリールが適しています。

底を取りやすく、パワーがあるためです。

ライン

SLJで使うラインはPEです。

号数は0.6~1.2号がおすすめです。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの3~4号がおすすめです。

長さは3mほどです。

ラインとリーダーはFGノットなどで結束します。

ジグ

SLJで使うジグの重さは30~60gが多いです。

潮の速さなどによっては、もっと重いものを使うことがあります。

重さは、底を取れるもっとも軽いジグを使うことが基本です。

カラーは、シルバー・ピンク・ゴールド・アカキン・グローなどが人気です。

どのカラーがよく喰うのかはわかりません。

そのため、できる限りいろいろなカラーを用意しておいた方がよいです。
スポンサーリンク

SLJの釣り方

まず、ジグを底まで沈めます。

着底すれば、ラインが出ていかなくなります。

糸フケを取って誘い始めます。

フォール中に喰ってくることもあります。


SLJの基本的な誘い方はワンピッチジャークです。

ワンピッチジャークとは、ロッドを1回シャクる間にリールのハンドルを1回転させる誘い方です。

ロッドを下げる時に巻きます。

この動作をスムーズに連続して行います。


底から5~10mまでスローなワンピッチジャークで誘います。

そうすることでヒラメや根魚が狙えます。

中層通常のワンピッチジャークで誘います。

青物を狙います。


他には、ただ巻きも効果的な誘い方です。

ただ巻きとは、文字どおりただ巻いてくるだけです。

シャクるなどのアクションが不要です。

そのため、初心者はこちらからはじめると釣りやすいです。


底まで沈めるのは上と同じです。

着底後、一定の速さで巻き上げ続けます。

ただし、底から5~10mまでゆっくり巻きます。

根魚が喰ってくることが多いためです。

中層もう少し速めに巻きます。

MEMO
マダイはただ巻きの方が喰いがよいです。

タイラバと同じです。


アタリがなければ、シャクリ幅・巻く速さ・巻く距離などを変えます。

いろいろ試してみて、その日に適した誘い方を見つけます。

ジグをキャストして、ジグを斜めに引いてくると広範囲を探れます。


アタリがあれば、すぐに合わせます。

フッキングすれば、うまくやり取りして巻き上げてきます。

無理は禁物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。