ウナギのブッコミ釣り!仕掛けと釣り方

ウナギのブッコミ釣り!仕掛けと釣り方【入門】

ウナギにはいろいろな釣り方があります。

中でも、人気なのがブッコミ釣りです。

ブッコミ釣りは、オモリ・ハリス・ハリといったシンプルな仕掛けで釣ります。

ここでは、ウナギのブッコミ釣りの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

ウナギのブッコミ釣りの時期

ウナギのブッコミ釣りの時期は6~10月頃です。

ウナギ釣りを行うことができる時期ならいつでもOKです。

ベストシーズンは6~8月です。

初心者はよく釣れる時期に行くと、釣り方などを早くマスターできます。

時期については、地域などによって異なることがあります。
スポンサーリンク

ウナギのブッコミ釣りの仕掛け

ウナギ釣りと言えば、ブッコミ釣りというくらいメジャーな釣り方です。

仕掛けは次のとおりです。

ウナギのブッコミ釣り!仕掛けと釣り方【入門】

ウナギ釣りの竿

ウナギのブッコミ釣りには、投げ竿万能竿などを使います。

磯竿の3~5号でもOKです。

10~20号のオモリをキャストできる竿です。

柔らかいものを使うと、キャストしやすく、アタリを弾きにくいです。

長さは4~5.3mです。

ウナギ釣りのリール

ウナギのブッコミ釣りでは、スピニングリールを使います。

バックラッシュしないのでおすすめです。

サイズは3500~4000番が使いやすいです。

ウナギ釣りの道糸

ウナギのブッコミ釣りには、PEの2号を使います。

ウナギ釣りのリーダー

リーダーはフロロカーボンの6号を使います。

長さは1mです。

ウナギ釣りのオモリ

ウナギのブッコミ釣りには、10~20号のブッコミオモリを使います。

15号をメインに使うことが多いです。

10~20号のジェットテンビンを使ってもOKです。

回収する際、浮き上がるので根掛かりしにくいです。

ウナギ釣りのハリス

ウナギのブッコミ釣りで使うハリスは、フロロカーボンの5号です。

長さは0.5mです。

ウナギ釣りのハリ

ハリは、流線の12~13号を使います。

ミミズを使う時は流線がよいです。

ハゼやカニを使う時は丸セイゴ12~13号がおすすめです。

ウナギのブッコミ釣りのエサ

エサはミミズが定番です。

2~3匹を通し刺しにします。

カニハゼでもOKです。

カニは、足の付け根にハリを刺しておきます。

ハゼは口掛けにします。

テナガエビを使う人もいます。

ウナギのブッコミ釣りのポイント

ウナギは都市部を流れる河川にもいます。

ただし、どこの河川にもいるわけではありません。

実績の高い場所に釣りに行くのが間違いありません。


ウナギ釣りにおいては、河川のゴロタや橋脚周りが好ポイントとなっています。

ブッコミ釣りは根掛かりしやすい釣りです。

そのため、ブッコミ釣りにおいては根掛かりしにくい泥底を狙うとよいです。

泥底はエサを求めて活動しているウナギが多く、釣りやすいです。

MEMO
泥底の中でも、流れが緩く、隠れる場所の多いポイントがおすすめです。

ウナギのブッコミ釣りの釣り方

まず、仕掛けを狙ったポイントへキャストします。

遠投する必要はありません。

軽くキャストする程度でOKです。

仕掛けが着底すれば、糸ふけを取ります。

あとは、道糸を張らず緩めずの状態にして置き竿でアタリを待ちます。


アタリは、ツン、ツンと間隔をおいてあることが多いです。

アタリがあってもすぐに合わせてはいけません。

しっかり喰い込ませないと、すっぽ抜けてしまうためです。

なかなか喰い込んでくれない時は、道糸を少し送り込んでやると喰い込むことがあります。

喰い込めば竿を立てて合わせます。

ハリが掛かれば、一気にゴリ巻きで寄せてきます。

ゆっくり巻くとバレやすいです。


釣り場に人があまりいなければ、複数本の竿を出すとよいです。

方角や距離を変えておくと広範囲を狙えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。