釣りに行く何日前かに台風が来ましたので、行けるのか心配でしたが、何とか行くことができました。

そのため、絶好の釣り日和とはいきませんでした。

波が予報では、1.5m→1mでした。

天気は、曇り一時雨。

最近の中では、一番よくなかったです。


今回はマイカの深夜釣りです。

午後10時に出船しました。

予報どおり、波がまだ少し高かったです。

船を走らせ、11時頃にポイントに到着しました。

早速、釣りの準備をします。


仕掛けは次のとおりです。


竿 赤イカ・マイカ 180
リール シーボーグ300FBe
2.5号~3号スッテ 10本
ハリス 6号
3cm
間隔 150cm
クッションゴム あり
おもり 80号

最近は、この竿とリールしか使っていませんね。

本当に使いやすいので、気に入っています。

今日のスッテはこちらです。


最近は、赤と緑のスッテの乗りがよいようです。

そのため、少し多めに付けています。


釣りの開始です。

40m付近で釣るようにと船長の指示がありましたので、少し深い45mぐらいから探ることにしました。

1投目からいきなりの当たりです。

マイカにしては、竿を小刻みに引き込みます。

おかしいと思い間ながら、ゆっくりと巻き上げると、サバとマイカが釣れました。


小刻みな引きの原因はサバでした。

たまに、スッテでサバが釣れることがあります。

大きなスッテをこのように喰ってくるのですから、器用ですね。


サバがスッテを飲み込むと、外すのが一苦労です。

できれば、サバは避けたいところですね。

何回やってもサバが喰ってきます。

少し棚を上げてみることにしました。

今度は30mでやってみます。

先ほどよりはサバの喰ってくる頻度が減り、小さいですがマイカの乗りがよくなってきました。

サバは、こんなにたくさん釣れました。


しばらくすると、サバの当たりはなくなりました。

マイカだけが乗ってきます。

今日は出だしこそ、サバに邪魔された形になりましたが、その後は好調に数が増えていきます。


前回までと明らかに異なることがあります。

それは、マイカのサイズが小さくなったということです。

今までの経験からすると、大きなサイズのマイカしか釣れない時は数があまり伸びません。

しかし、小さなサイズのマイカが釣れるようになると、かなり数が期待できるようになります。


今回は、小さなサイズのマイカがたくさん釣れます。

しかも、棚まで仕掛けを下ろして、何回か強く誘いをかけてしばらく待っていると当たりがあります。

当たりがあると、少しゆっくり目に巻いてきます。

こうすることで、足切れの防止になりますし、追い喰いしてきますので、1回で複数匹釣れる可能性が高くなります。

もちろん、手持ちで釣っています。


どうです。

サイズが小さいです。

小さい方が柔らかくておいしいですよ。

マイカの釣りたては真っ赤できれいでしょ。

家に持って帰ると、白っぽい色になってしまいます。


今回は、最初から最後までほとんど釣れています。

しかも、平均すれば3匹以上は乗ってきます。


ワタリガニが、スッテについて上がってきた時は驚きました。

何回も来ていますが、こんなの初めてです。


結局、朝の5時30分まで釣れ続けました。

竿納めです。

何と、全部で150匹も釣れました。

行く前に調べた釣果では、50匹ぐらい釣れればいいかなと思っていたのですが、予想以上の釣果にたいへん満足しています。

帰ってから、他の船の釣果を調べましたが、これほど釣れた船はなかったようです。

スポンサーリン ク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="3681599193">





日時 2019年9月5日 22時~6時30分
人数 4人
ポイント 小浜沖
釣り方 マイカ仕掛け


私の釣果
マイカ150匹 10cm~40cm

サバ20匹 20cm~25cm

全員の釣果
マイカ470匹 10cm~40cm

サバ50匹 20cm~30cm



スポンサーリン ク

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="2177510790">


おすすめの記事