ヒラマサが釣れているということで、今回は京都府の冠島周辺に釣りに行ってきました。

今回もマダイと兼用で狙います。


実は2日に行く予定でしたが、寒気の影響で波が高くなるという予報で変更しました。

3日がたまたま空いていてラッキーでした。

9時に出船しました。

今日の天気は晴れで、ほとんど風・波もなく絶好の釣り日和でした。


どうですか?

本当にいい天気でしょう。

1時間ほどで冠島周辺に到着しました。

今日は連休ということもあり、船が多かったです。

早速準備をします。


仕掛けは次のとおりです。

竿

青龍竿 300Ⅲ

リール

シーボーグ500FT



12号 3本


ハリス

5号 全長15m




80cm


間隔

300cm



ヒラマサは60cm~70cm、マダイはのっこみであまりひかないということで、今回の仕掛けのハリスは5号にしました。


釣りの開始です。

もちろん完全ふかせ釣りです。

今回も、潮がイマイチです。

あまり流れていませんし、船があちこち振られてしまいます。

そのため、仕掛けがアンカーロープの方へ流れていって、何回か仕掛けがロープに引っ掛かってしまいました。

私の席はミヨシでしたので、特に苦戦しました。


釣り始めてトモの2人に、大きな当たりがありました。

引き込みからヒラマサのようです。

竿が大きくしなります。

巻き上げると65cmぐらいのヒラマサでした。


出だしから、よい感じです。

50cmほどのマダイが1匹釣れましたが、その後は誰の竿にもまったく当たらなくなりました。


13時ごろにポイントを変更してもらいました。

ポイントを変えると、ヒラマサはまったく釣れなくなりましたが、マダイがポツポツ釣れ出しました。

しかし、なぜか私の竿には1回も当たりがありません。

ドツボにはまってしまいました。

私の両隣には当たりがありますが、私には全然当たりがありません。

今日は坊主も覚悟しました。


しかし、私の竿にもようやく当たりがありました。

本当にやっとです。

時間はもう4時です。

釣り始めてから6時間が経っていました。

本当にうれしかったです。

リールの糸が勢いよく出て行きます。

1発目の当たりが、やはり1番気持ちがよいですね。

引きはあまり強くありませんが、ズッシリとした重みがあります。

マダイが当たったようです。

ようやく来た当たりですので、慎重に慎重に巻き上げます。

バラせば、坊主確定というぐらいの気持ちで引き上げます。

釣り上げると50cmぐらいのマダイでした。

待望の1匹です。

たくさん釣れるのはうれしいですが、こんな状況での1匹はそれ以上にうれしいです。


その後は周りのメンバーにはポツポツ当たりがありました。

メンバーの1人が65cmのメジロを釣り上げました。


正直、うらやましかったです。

相変わらず、私には当たりがありません。

今日はどうもダメみたいです。

諦めかけていた5時ごろ、ようやく2回目の当たりがありました。

リールの糸がビューっと出て行きます。

もう当たりがないと思っていたので、びっくりしました。

魚の引きを楽しみながら、巻き上げると40cmほどのマダイでした。

6時になり、釣りを終了しました。

結局、2匹だけという大苦戦の釣りになってしまいました。


日時

2019年5月3日 9時~19時


人数

4人


ポイント

京都府 冠島周辺


釣り方

完全ふかせ


私の釣果

マダイ2匹 40cm・50cm

おすすめの記事