ハゼ釣りの時期(シーズン)と時間帯!潮回りは?

ハゼ釣りの時期(シーズン)と時間帯!潮回りは?

ハゼは手軽に釣りに行けます。

そのため、ファミリーフィッシングで人気のターゲットになっています。

ハゼは、どの時期のどの時間帯に釣りに行けばよいのでしょうか?

ここでは、ハゼ釣りの時期(シーズン)・時間・潮回りについてご紹介します。

ハゼ釣りの時期(シーズン)

ハゼ釣りの時期(シーズン)についてご紹介します。

ハゼ釣りは5~12月まで行うことができます。

5月ごろから釣れ出します。

この時期は、5~7cmほどとかなり小さいです。


9~10月がベストシーズンとなります。

秋口は産卵に向けて、ハゼがエサをよく喰うようになります。

そのため、数釣りが楽しめます。

しかも、20cmほどのハゼが釣れることもあります。


12~1月にかけて産卵し、ほとんどのハゼが死んでしまいます。

一部のハゼは越冬し、30cmに達するものも出てきます。

スポンサーリンク

ハゼ釣りの時間帯!潮回りとの関係は?

魚釣りと言えば、朝マズメや夕マズメがよく釣れる時間帯で、日中は釣れないというイメージが強いです。

しかし、ハゼ釣りに関しては必ずしもそうとは言えません。

ハゼ釣りは、満潮前の上げ潮の時間帯が狙い目です。

満潮が近づくにつれて、ハゼがどんどん浅瀬に上ってくるのです。

そのため、日中でもよく釣れます。

朝マズメ夕マズメも比較的喰いがよいです。


また、干潮から潮が上げ始める時間帯も狙い目です。

干満の差が大きい大潮の日は、さらに期待できそうです。

そのため、ハゼ釣りをする際には、干潮と満潮の時刻を事前に調べておく必要があります。

最低でも、潮が動いている時間帯に釣りに行くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。