クロダイのヘチ釣り仕掛けと釣り方

クロダイのヘチ釣り仕掛けと釣り方

堤防からクロダイを釣るのが人気です。

釣り方はいろいろありますが、おすすめはヘチ釣りです。

仕掛けも釣り方も非常にシンプルです。

ここでは、クロダイのヘチ釣りの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

クロダイのヘチ釣りの仕掛け

クロダイのヘチ釣りの仕掛けは次のとおりです。

クロダイの落とし込み釣り仕掛け

竿

竿はヘチ竿を使います。

長さは3m前後です。

リール

リールはヘチリールです。

ライン

ラインはPEの1.5号です。

ハリス

ハリスはフロロカーボンの1.5号です。

ハリ

ハリはチヌバリの4号です。

ハリにガン玉B~3Bを打ちます。
スポンサーリンク

クロダイのヘチ釣りのエサ

クロダイのヘチ釣りのエサはイガイがおすすめです。

イガイは殻ごとハリに付けます。

フジツボカニでもよいです。

釣り場に合わせるとよいです。

クロダイのヘチ釣りの仕掛けと釣り方

ヘチ釣りでは、堤防の壁際にエサを落とし込んでいかなければなりません。

そのため、できる限り穂先を壁際に向けて、ラインが壁際にいくようにします。

離しすぎると、クロダイは喰ってくれません。


仕掛けを投入した後は、エサを自然に沈めていきます。

クロダイは落ちてくるエサに好反応を示します。

できる限り自然に沈めるように意識します。


アタリにはいろいろあります。

いきなり引き込まれたり、エサが沈まなくなったりなど。

違和感があれば、聞き合わせてみるとよいです。

重みがあったり、コンコンという引き込みがあれば合わせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。