金目鯛釣りの仕掛けと釣り方のコツ

相模湾では金目鯛釣りが人気です。

金目鯛は高級魚として知られています。

その金目鯛が意外と簡単に釣ることができるのです。

ここでは、金目鯛釣りの仕掛けと釣り方のコツについてご紹介します。

金目鯛釣りの仕掛け

釣具を一式購入すれば、かなりの費用がかかってしまいます。

レンタルを利用してもよいです。


仕掛けは次のとおりです。

金目鯛釣りの仕掛けと釣り方のコツ

竿

竿はオモリ負荷250~500号前後の深場用の竿を使います。

底取りやアタリを取りやすいものがおすすめです。

長さは2m前後が使いやすいです。

リール

リールは大型電動リールを使います。

ライン

ラインはPEの12~15号を使います。

1000m以上巻いておきます。

ヨリ取り

ヨリ取りは、枝バリの絡みを防止します。

中オモリ

中オモリは60号を使います。

幹糸

幹糸はフロロカーボンの30~40号を使います。

エダス

エダスはフロロカーボンの16~18号を使います。

長さは80cmです。

間隔は1.5mです。

捨て糸

捨て糸はフロロカーボンの14号を使います。

長さは6mです。

ハリ

ハリはムツバリの18~19号を使います。

針の数は20本までとします。

オモリ

オモリは500号を使います。

釣り船や海の状況により異なります。

スポンサーリンク

金目鯛釣りのエサ

金目鯛釣りのエサはサバの切り身がおすすめです。

キンメダイの喰いがよいです。

他には、カツオのハラモイカが使われます。

カツオのハラモは喰いがよい上、エサ持ちがよいです。

しかし、なかなか手に入りづらいです。

釣り船などで購入できる人は用意しておくとよいです。

金目鯛釣りの釣り方

仕掛けの投入は船長の指示に従います。

オマツリ防止のため、順番に沈めていきます。


仕掛けを底まで沈めます。

着底すれば、ラインを張った状態でアタリを待ちます。

アタリがあれば、少しずつラインを送り出して追い喰いを狙います。

ただし、ラインを送り出しすぎると仕掛けが底を這ってしまいます。

これでは、金目鯛が掛らずに、底魚ばかりが釣れるので注意が必要です。

潮の流れに合わせてラインを送り出していくと、比較的大きなアタリがあります。

このようなアタリなら金目鯛です。


船長から指示があれば巻き上げを開始します。

もしオモリが根掛かりしていれば、ドラグを締めて船の流れを利用して捨て糸を切ります。

オモリはロストしますが、金目鯛が付いた仕掛けは回収できます。

うまくいけば、1度に10匹釣り上げることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。