アオリイカ釣りの時期と時間帯のおすすめは?

アオリイカ釣りの時期と時間帯のおすすめは?

おかっぱりからのイカ釣りと言えば、アオリイカ釣りです。

中でも、エギングは非常に人気が高いです。

ここでは、アオリイカ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

アオリイカとは?生息地と生態

アオリイカは、どんどん人気が高まっているエギングのメインとなるターゲットです。

エギングは、エギと呼ばれる疑似餌を生きた魚のように動かして、アオリイカなどに喰わせて釣ります。

他のルアー釣りと同じで、自分がよいと思った釣具・アクションで喰わせた時の快感が堪りません。

1度釣れると病みつきになるというのもわかります。


では、アオリイカの生息地と生態についてはどうなのでしょうか?

アオリイカは、北海道以南の沿岸に生息しています。

そのため、基本的には日本全国のほとんどの沿岸で釣ることができます。


アオリイカは、港や磯、砂浜などどこにもいます。

船道やカケアガリ、沈み根など潮の流れに変化がある場所に集まることが多いです。

もちろん、潮通しのよい場所にもいます。


小魚やエビ、カニなどを食べるフィッシュイーターとして有名です。

このことを利用して、エギングで誘って釣るのです。


アオリイカの胴長は、大きいものになると50cm以上になります。

重さは、6kg以上になる個体もいます。

アオリイカは基本的には1年しか生きることができません。

産卵後、親イカは死んでしまいます。


オスとメスは、背中の模様を見れば見分けることができます。

オスは、白くて細い横線が入っています。

一方のメスは、横線が不明瞭で斑点模様が入っています。

スポンサーリンク

アオリイカ釣りの時期のおすすめ

アオリイカがよく釣れる時期は、年に2回あります。

それは、春~初夏(主に4~7月)秋~初冬(主に9~12月中旬)です。


春~初夏(主に4~7月)

この時期は、アオリイカの産卵期に当たります。

親イカは、産卵のため浅場の藻がたくさんある場所などにやって来ます。

そのため、非常におかっぱりから釣れやすくなります。

親イカなので、大型が釣れる可能性が高いです。


秋~初冬(主に9~12月中旬)

この時期は、孵化したアオリイカの赤ちゃんが、エギに乗るぐらいの大きさに成長します。

釣れるのは、ほとんどが小~中型です。

型は小さいですが、数はたくさん釣れます。

数が多いだけに、初心者がエギングを始めるのにはよい時期です。

この時期にしっかりと腕を磨いて、翌年の春に大型を狙いに行くとよいです。

アオリイカ釣りの時期・時間帯【エギング】

一方で、アオリイカがあまり釣れない時期もあります。



親イカは、産卵後死んでしまいます。

そのため、春~初夏の産卵後はアオリイカがいなくなってしまいます。

孵化したアオリイカが成長する秋までは、あまり釣れません。

アオリイカ釣りにとって、夏はもっとも厳しい時期です。




冬は成長したアオリイカがたくさんいて、よく釣れそうに思えます。

しかし、アオリイカはあまり釣れなくなります。


それは、水温が下がると、アオリイカが深場に落ちてしまうためです。

深場は、岸から遠いので、仕掛けを投げても届かないのです。

冬でも、水温がそれほど下がらない地域では、岸からポツポツ釣れます。

船釣りなら、数は少なくなりますが、釣れなくはありません。


アオリイカ釣りに行くなら、やはり春か秋ですね。

たくさん釣りたいのなら秋、大型を釣りたいのなら春です。

アオリイカ釣りの時間帯のおすすめ

アオリイカ釣りには、適した時期だけでなく適した時間帯があります。

それを知っておくだけでも、釣果に大きな差が出ます。


アオリイカ釣りをするなら、どのような時間帯がよいのでしょうか?

まず、知っておきたいことがあります。

それは、アオリイカの習性のに関してです。

アオリイカは、基本的に日光を好みません。

そのため、日光が差し込まない状況での釣りがベストということです。

このことから、夜釣りが最適であると言えます。


それでは、日中は釣れないのでしょうか?

必ずしもそうとは言えません。

日光があまり差し込まない曇りの日深場など、条件によってはアオリイカを釣ることができます。


とは言っても、やはりマズメを含む夜間に釣るのがおすすめです。

釣果重視で釣りに行くのなら、夜間に行くとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。