シマアジのコマセ仕掛けと釣り方【船】

シマアジのコマセ仕掛けと釣り方【船】

高級魚として知られるシマアジ。

シマアジ釣りの乗合船の人気が高いです。

コマセ釣りで狙うことができます。

ここでは、シマアジの船からのコマセ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

シマアジのコマセ仕掛け

シマアジのコマセ仕掛けは、次のとおりです。

シマアジのコマセ仕掛けと釣り方【船】

竿

竿はシマアジ用竿を使います。

オモリ負荷60~100号前後のライト泳がせ用ロッドやゲームロッドでもOKです。

長さは2~3m前後です。

リール

リールは両軸リール電動リールを使います。

深場を狙うのなら電動リールの方がよいです。

両軸リールは中型、電動リールは小~中型がおすすめです。

必要な道糸を巻けるかどうかでサイズを選びます。

道糸

道糸はPEの4号前後を使います。

最低でも200mは巻いておきます。

テンビン

テンビンは片テンビンを使います。

腕長は30~50cmがおすすめです。

カゴ

カゴはプラカゴステン缶を使います。

オモリは60号です。

船で指定されることが多いです。

クッションゴム

クッションゴムは径2.5~3mm、長さ30cmを使います。

ハリス

ハリスはフロロカーボンの4~10号を使います。

メインは6号です。

シマアジのサイズによって使い分けます。

大型なら10号がおすすめです。

ハリ

ハリはヒラマサバリイセアマなどの10~13号を使います。

2~3本バリです。
スポンサーリンク

シマアジ釣りのエサ

シマアジ釣りのエサとしては、サシエとコマセを使います。

サシエはオキアミを使います。

1匹掛けか、抱き合わせにします。

活性が低い時は1匹掛けがよいです。


コマセもオキアミを使います。

カゴに詰めすぎないように注意します。

詰めすぎると、コマセの出が悪くなるためです。

シマアジのコマセ釣りの釣り方

まず、仕掛けを投入します。

船長からタナの指示があります。

仕掛けを指示ダナ+ハリス分まで沈めます。

沈めば、数回に分けてコマセを振り出しながらタナまで上げていきます。

あとは、そのままアタリを待ちます。


しばらく待って、アタリがなければ誘いをかけます。

竿をゆっくりシャクり上げた後、少しの間止めます。

その後、ゆっくり下げていきます。


アタリがなければ、仕掛けを回収します。

サシエの有無などをチェックします。


コマセ釣りは、粘り強くコマセを撒いていかなければなりません。

釣れないからと言って、待っているだけではダメです。

釣れない時ほど積極的にコマセを撒いていく方がよいです。


シマアジが喰ってくると、前アタリがあってから強く引き込みます。

前アタリで合わせると、上アゴの硬い部分にハリが掛かります。

これならバレにくいです。

しかし、向こう合わせでは口の脇の弱い部分に掛かります。

これではバレやすいです。


ハリ掛かりしたら、できる限り早く底を切ります。

シマアジが暴れると、バレるおそれがあるためです。

中層で掛かった場合はまだよいですが、底付近では根などで仕掛けが切れてしまいます。

ドラグはハリスの号数に応じて、強めに調整しておくとよいです。

ポンピングして巻き上げてもよいですが、道糸のテンションを緩めないようにしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。