【チヌのボトムゲーム】デイのタックルと釣り方は?

【チヌのボトムゲーム】デイのタックルと釣り方は?

チヌはルアーでも釣ることができます。

いろいろなレンジを攻めることもできます。

ボトムゲームでチヌを狙うのが面白いです。

ここでは、チヌのデイのボトムゲームのタックルと釣り方についてご紹介します。

チヌのボトムゲームはデイ?それともナイト?

チヌのボトムゲームとは、ルアーをキャストして底をズル引く釣りのことです。

ルアーをズル引くのですから、その時の感触は手まで伝わってきます。

チヌがルアーを喰ってくると、それまでとは異なる感触があります。

その違いを感じ取って合わせていくという楽しさがボトムゲームにはあります。


この釣りは、もともとナイトゲームで広まりました。

しかし、それがデイゲームでも行われるようになりました。

では、どうしてデイゲームでも行われるようになったのでしょうか?

デイゲームで行うメリットがあるためです。


メリットには次のようなものがあります。

デイでは明るいので、ポイントを狙って攻めやすいです。

自分なりの攻め方でチヌ釣りを楽しめます。

そのため、釣った時の達成感が大きくなります。

ナイトでは何も見えないので、このような釣り方は難しいです。


チヌが喰ってきた場合、デイではチヌとのやり取りがよく見えます。

水面でチヌが暴れると興奮度はMAXに達します。

ナイトでは何も見えないので、デイとは興奮度の高さが異なります。


明るい時間帯と暗い時間帯とでは安全度が違います。

当然よく見える方が安全で、初心者にもおすすめです。
スポンサーリンク

チヌのボトムゲームにおすすめの時間帯

チヌのボトムゲームにおすすめの時間帯はマズメです。

チヌの活性が高くなるためです。

デイゲームをメインで行うのであれば、朝マズメが狙い目です。

ナイトゲームなら、夕マズメに合わせて釣りをするとよいです。

チヌのボトムゲームのタックル

チヌのボトムゲームのタックルは、次のとおりです。

【チヌのボトムゲーム】デイのタックルと釣り方は?

ロッド

ロッドはチヌ用ロッドを使います。

ボトムゲームに対応したものがおすすめです。

20gまでのルアーを扱えるものを選びます。

長さは8フィート前後です。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2500番前後が使いやすいです。

スムーズに巻けるものを選びます。

ライン

ラインはPEの0.6号を使います。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの2号を使います。

長さは1m前後です。

ルアー

ルアーはラバージグがおすすめです。

重さは3~5gほどです。

そのまま釣っても構いませんが、フックにワームをセットするとアピール度がアップします。

チヌのデイのボトムゲームに適した条件とは?

チヌのデイのボトムゲームを行う上で考慮すべきは潮位底の地質です。

それぞれについて解説していきます。

潮位

どのような釣りをする場合でも、ある程度の潮位がなければなりません。

このことはデイ・ナイトを問わず、チヌのボトムゲーム全般にあてはまります。

ただし、デイの釣りは潮位が低い方が適しています。

潮位が高いとラインに抵抗がかかり、浮き上がりやすくなります。

ボトムゲームでは、ルアーを底でズル引く釣りです。

釣り方で解説しますが、デイでは速引きが基本です。

さらに、ルアーが浮き上がりやすくなります。

ルアーが浮いてしまっては釣りになりません。

底の地質

チヌのボトムゲームにおいて、底の地質は硬めの方がよいです。

このことはデイにもナイトにもあてはまります。

地質が硬いと、ルアーをズル引きした際にノッキングしてよい誘いがかかります。

しかし、柔らかいとルアーが埋まってしまって誘いがかからなくなります。

これでは釣りになりません。

また、根掛かりの多い場所も避けなければなりません。

底の状況をきちんと把握しておかなければなりません。

チヌのボトムゲームの釣り方

まず、ルアーをキャストします。

ルアーを底まで沈めます。

着底後誘っていきます。

ここまでで何度も述べましたが、ルアーをズル引いて誘っていきます。

速めに引くことが重要です。

ナイトでは、ゆっくりズル引くのが基本です。

ゆっくり引くことで追ってこさせて喰わせます。

しかし、デイでこの釣り方をすると、明るいので見切られてしまいます。

速く引くことで、見切られないようにして、さらに口を使わせます。

つまり、リアクションで喰わせます。


アタリはいろいろです。

一気に喰い込むものからコツッという小さいものまであります。

一気に喰い込むアタリがあれば即速合わせします。

小さなアタリの場合、すぐには合わせずにそのまま誘い続けます。

チヌにルアーを追わせます。

そして、ここだというタイミングで合わせを入れます。

チヌのデイのボトムゲームではルアーは軽い方が有利?

チヌのデイのボトムゲームではルアーを速く引かなければなりません。

それなのに、ルアーは軽い方がよく釣れます。

実は、軽いルアーを速く引くのは意外と難しいです。

すぐに浮いてしまうためです。

だからと言って、ゆっくり引いたのではすぐに見切られてしまいます。

重いルアーを使うという選択も可能です。

しかし、それだとアタリが減り、フッキング率も下がってしまいます。


この問題を解消できるのは潮位です。

上で解説しましたので、もうお気づきだと思います。

潮位が低い時に釣りに行けばよいのです。

潮位が低ければ、ラインへの抵抗が少なく、浮き上がりにくいです。

流れが緩いことが多いのもプラスに働きます。


とは言っても、ルアーが浮く場合は重いルアーを使わなければなりません。

浮いてしまうと釣りにならないためです。

ただし、底を引き続けることができる中でできるだけ軽いものを選びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。