ヒラマサのオフショアキャスティングゲームのタックルとアクション

ヒラマサのオフショアキャスティングゲームのタックルとアクション

ヒラマサをルアーで狙うのが人気です。

中でも、オフショアキャスティングゲームがおすすめです。

非常に豪快で楽しい釣りなので、1度やったら病みつきになります。

ここでは、ヒラマサのオフショアキャスティングゲームのタックルとアクションについてご紹介します。

オフショアキャスティングゲームとは

オフショアキャスティングゲームとは、船の上からルアーをキャストして行う釣りのことです。

水面直下でエサを意識している魚を狙うトップウォーターゲームが人気です。

通常、ターゲットとなるのは大型魚です。

ヒラマサ・ブリ・カンパチ・シイラ・サワラ・マグロなどが狙われることが多いです。
スポンサーリンク

オフショアキャスティングゲームのメリット

オフショアキャスティングゲームでトップウォーターを狙う場合、ヒラマサなどの大型魚がルアーを喰ってくるのが見えます。

その瞬間は何とも言えません。

この爽快感を楽しめるのは大きなメリットです。


他には、やり取りのしやすさを挙げることができます。

特に、ヒラマサ狙いの場合は大きなメリットがあります。

ヒラマサはフッキングすると、根に潜ろうとします。

底~中層で喰わせると、ヒラマサが走るのを止めることができず、根に潜られてしまうことが多いです。

しかし、トップウォーターでルアーを喰わせると、根まで距離があるので潜られにくいです。

ヒラマサのオフショアキャスティングゲームの時期

ヒラマサのオフショアキャスティングゲームは年間を通して行うことが可能です。

ただし、地域によって異なりますが、かなり厳しい時期もあります。

おすすめは産卵前の4~5月頃です。

この時期はヒラマサが荒喰いするのでおすすめです。


7~8月頃も狙い目です。

ジギングでよく釣れますが、オフショアキャスティングゲームでもタイミングが合えば喰ってくれます。

ヒラマサのオフショアキャスティングゲームのタックル

ヒラマサのオフショアキャスティングゲームのタックルは、次のとおりです。

ヒラマサのオフショアキャスティングゲームのタックルとアクション

ロッド

ロッドはキャスティングロッドを使います。

100g前後のルアーをフルキャストできるものがおすすめです。

長さは8フィート前後です。

リール

リールは大型のスピニングリールを使います。

サイズはダイワなら5000番以上、シマノなら10000番以上がおすすめです。

ハイギアモデルが釣りやすいです。

ライン

ラインはPEの5号以上を使います。

300m以上巻いておくと安心です。

リーダー

リーダーはナイロンの100lb以上を使います。

ヒラマサ狙いなら170lbほどがおすすめです。

長さは5mほどです。

ラインとはFGノットなどで結束します。

ルアー

ルアーはダイビングペンシル(ペンシルベイト)をメインに使います。

サイズは20~25cm前後です。

他には、ポッパーやシンキングペンシル、メタルジグなどでもOKです。

その時のベイトの状況や狙う水深などによって選びます。

ただし、初心者はダイビングペンシルから始め、慣れてから他のルアーをマスターした方がよいです。

ヒラマサのオフショアキャスティングゲームのポイント

ヒラマサのオフショアキャスティングゲームでは、ボイル鳥山の周辺を狙うのが鉄則です。

ボイルや鳥山の周辺には大型魚がいる確率が高いためです。

直接ルアーを投げ込まずに、少し沖の方へキャストし、ボイルや鳥山の周辺を引いてくるとよいです。


ボイルや鳥山がなくても、大型魚が海面付近を泳いでいるのが見えることがあります。

そのような場合も同様に狙ってみるとよいです。

ヒラマサのオフショアキャスティングゲームの釣り方

まず、ルアーをフルキャストします。

魚の存在を確認できれば別ですが、それ以外ならできる限り遠投して広範囲を探ります。

ルアーが着水する少し前にサミングするとよいです。


着水後、誘い始めます。

ルアーを引き込むようなイメージでロッドを下げ、リールのハンドルを1回転させます。

この時、竿先と海面までのラインとの間に糸ふけを作っておかないと、ルアーはしっかり潜ってくれません。

この動作をリズミカルに繰り返します。

その後、ルアーを海面に浮上させてアタリを待ちます。

このタイミングで喰ってくることが多いです。

誘いは目の前まで行ってきます。

目の前で喰ってくることがあるためです。


アクションはメリハリをつけることが重要です。

ダイビングペンシルは止まった状態から一気に潜り、浮上させなければなりません。

反応がなければ、アクションの強さや幅を調整します。


他には、ただ巻きストップ&ゴーでもOKです。

速めに巻いてくると反応がよいことが多いです。

初心者はこちらの誘い方で始めてもよいです。


アタリがあればすぐに合わせます。

魚が走っている時は、止まるまで待ちます。

無理をするとバレやすいです。

止まれば、ポンピングしながら魚を寄せてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。