【マダイのショアジギング】仕掛けと釣り方は?

【マダイのショアジギング】仕掛けと釣り方は?

マダイのジギングと言えば、オフショアからの釣りというイメージが強いです。

しかし、ショアからのジギングでもマダイを狙えます。

意外と簡単に釣ることができます。

ここでは、マダイのショアジギングの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

マダイのショアジギングでおすすめの時間帯

ショアジギングでマダイを狙うのなら、朝夕マズメがおすすめです。

マダイの活性が高くなり、喰いがよくなるためです。

では、朝マズメと夕マズメのどちらがよいのでしょうか?

一概にどちらの方がよいとは言えません。

それぞれによい点があるためです。

ただし、地域によってはあてはまらないことがあります。

朝マズメ

朝マズメの方が大型がよく釣れます。

マダイは朝マズメに沖の方から接岸してきます。

回遊してくる場所にジグを通すことができれば、釣れる確率が高くなります。

夕マズメ

夕マズメは数釣りすることができます。

潮の流れなど他の好条件も重なれば、爆釣の可能性があります。
スポンサーリンク

マダイのショアジギングの仕掛け

マダイのショアジギングの仕掛けは、次のとおりです。

【マダイのショアジギング】仕掛けと釣り方は?

ロッド

ロッドはショアジギングロッドを使います。

適合ルアーウェイトがMAX10g前後のものがおすすめです。

メバリングロッドでもOKです。

重いジグを使う場合は注意が必要です。

長さは9~10フィートです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2000番がおすすめです。

底を取りやすいベイトリールを使ってもOKです。

ただし、遠投性能が求められるので、スピニングリールを使う人が多いです。

ライン

ラインはPEの0.8号を使います。

300mほど巻いておくとよいです。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの8~10lbを使います。

長さは1.5mほどにします。

ジグ

ジグは5~10gのものをメインに使います。

20~40gほどのものを使うこともあります。

その場合、ロッドやリールなどを対応するものに交換します。

カラーは、状況により使い分けるとよいです。

  • マズメの時間帯・・・ピンク・ゼブラ・アカキン
  • 夜釣り(常夜灯)の時・・・アカキン
  • ベイト(イワシ)が発生した時・・ブルー

フック

フックはフロントとリアに付けます。

フロントはシングルフックか、ダブルフックします。

リアはシングルフックにします。

マダイのショアジギングのポイント

マダイのショアジギングでおすすめのポイントは堤防の先端やコーナー付近です。

潮通しのよい場所潮の流れに変化のある場所がおすすめです。

そのため、潮通しのよい堤防などに釣りに行くのが間違いありません。


マダイ釣りは日中だけでなく、夜釣りでも狙えます。

夜釣りであれば、常夜灯周辺が好ポイントです。

明かりの明暗の境目付近を狙うとよいです。

それに加えて、潮通しがよければさらに期待できるポイントとなります。

マダイのショアジギングの釣り方

まず、ジグをキャストします。

ジグが底まで沈めば誘い出します。

基本的にはただ巻きでOKです。

少し速めに巻いてきます。

マダイの反応をみて、巻く速さを調整します。

巻いてくる際に、フォールやトゥイッチを入れると効果的です。


シャクリ&フォールで誘うのもおすすめです。

何回かジグをシャクッて上へ動かした後、フォールで沈めます。

弱ったベイトの動きを演出します。

着底すれば、再度誘います。


他には、リフト&フォールもよく釣れます。

ジグをシャクり上げてフォールで落とします。

フリーフォールがおすすめです。

1度逃げたベイトが弱り、再びマダイに近づく動きを演出できます。

リアクションバイトで喰わせます。


夜釣りで常夜灯周辺を狙う場合は、次のように誘います。

明かりの明暗の境目付近をリフト&フォールで誘うのが基本です。

境目付近で、マダイがベイトを狙っているためです。

潮がよく流れていれば、ドリフトがおすすめです。

潮の流れに乗せて、ジグを流し込みます。


アタリがあればすぐに合わせます。

フッキングすれば、ドラグを利用してやり取りします。

無理をするとバレることがあります。

目の前まで寄せることができれば、小型以外は網ですくった方がよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。