メバルジギングのタックルとアクションのコツ

メバルジギングのタックルとアクションのコツ

メバルのルアー釣りと言えば、ジグ単やプラグの人気が高いです。

しかし、ジギングでも狙えます。

ジギングにしかないメリットがあります。

ここでは、メバルジギングのタックルと釣り方についてご紹介します。

メバル釣りにジグを使うメリットとは

メバル釣りにジグを使うメリットはいろいろあります。

最大のメリットは飛距離が出ることです。

飛距離が出るので、他のルアーでは届かないポイントを探ることができます。

さらに、ジグは重いので沈むのが速いです。

そのため、さまざまなレンジを素早く探っていけます。

メバルのいるレンジがわかれば、手返しよく攻めることができます。


また、ジグからはワームやプラグとは違った波動が生じます。

どの波動がよく釣れるのかはやってみないとわかりません。

そのため、ワームやプラグで釣れない場合はジグで試してみるとよいです。
スポンサーリンク

メバルジギングのタックル

メバルジギングのタックルは、次のとおりです。

メバルジギングのタックルとアクションのコツ

ロッド

ロッドはベイトフィネスロッドを使います。

ソリッドティップモデルがおすすめです。

長さは7フィート前後です。

リール

リールはベイトリールを使います。

ベイトフィネス用がおすすめです。

ライン

ラインはPEの0.4~0.5号を使います。

150mほど巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの4~5lbを使います。

根ズレに強いフロロカーボンがおすすめです。

長さは70~80cmです。

ジグ

ジグは3~10gをメインに使います。

重さは、飛距離や水深に合わせて選びます。

カラーは、シルバーやゴールド、グローなどが人気です。

ただし、夜間の底付近を狙う釣りなので、そこまでカラーは重視しなくてもOKです。

フック

フックはリアのみにセットします。

フッキングしやすいトレブルフックがおすすめです。

特に、メバルの活性が低い時に威力を発揮します。

メバルジギングの釣り方

まず、ジグをキャストします。

ジグを底まで沈めます。

狙うのは底から1~2mの範囲内です。

竿先をシャクり上げることによって、ジグを跳ね上げます。

その後、再び底まで沈めます。

これを繰り返します。


メバルジギングはフォールの釣りです。

いかにメバルにフォール中に喰わせることができるかが勝負です。

そのため、2種類のフォールを駆使して喰わせます。


1つ目はカーブフォールです。

2~3回シャクッてジグを跳ね上げた後、ラインを止めて沈めるだけでOKです。

ジグは弧を描いて沈みながら、こちらへ寄ってきます。

広範囲を探る場合メバルの活性が高い場合におすすめです。


2つ目はテンションフォールです。

ジグを底から1~2m跳ね上げます。

その後、サミングすることによって、ラインに軽くテンションをかけながら沈めます。

テンションのかけ具合によって沈降速度を調整します。

ジグはわずかにこちらに寄りますが、ジグをゆっくりフォールさせることができます。

同じポイントを何度も狙えます。

あまり元気のないメバルでも喰ってきやすいです。


フリーフォールという沈め方もあります。

ラインにテンションをかけずに沈めます。

沈降速度が速いので、メバルが喰い切れないことがあります。

そのため、あまりおすすめできません。


アタリはフォール中に多いです。

フォール中に喰ってきても、アタリは明確に出ます。

アタリがあれば、ラインの出を止めた状態で鋭く合わせます。

竿先に違和感があれば、どんどん合わせていくとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。