トラフグ釣りの時期!旬は?

トラフグ釣りの時期!旬は?

トラフグは高級フグの代名詞とも言える種です。

もっとも有名なフグと言ってもよいです。

釣りのターゲットとしての人気も高まりつつあります。

ここでは、トラフグ釣りの時期・産卵の時期・旬などについてご紹介します。

トラフグとは

トラフグとはフグ目フグ科に属する魚です。

地域によっては、トラフクやフク、ホンフグなどと呼ばれることもあります。


北海道~九州までの沿岸に生息しています。

特に湾内でよく見られます。


成長すると、70cmほどになります。

体には大小の黒色斑があります。

肉食性で、小魚や甲殻類などを捕食しています。


トラフグは猛毒を持っている魚として知られています。

卵巣肝臓などに毒があります。

食べる際は、免許のある人に調理してもらわなければなりません。

最近では、毒のないトラフグが養殖されています。
スポンサーリンク

トラフグの産卵期

トラフグの産卵期はとなっています。

3~5月頃に行われます。

この時期になると接岸してきます。

砂地の場所で産卵されることが多いです。

メスは産卵後その場所を去りますが、オスは残って卵を守ります。

トラフグ釣りの時期のおすすめ

東京湾でのトラフグ釣りの注目度が上がっています。

そのため、ここでは東京湾での釣りの時期についてご紹介します。


東京湾では、2月上旬からトラフグの乗合船が出ています。

3月中旬までは、30~40cmまでの小~中型を狙っていると、たまに2~3Kgが釣れます。

20~30匹釣れる好釣果の日もありますが、10匹も釣れない日もあります。

とにかく釣果が安定しません。


4月に入ると、状況は一変します。

ここ数年、トラフグの大きな群れが入ってきています。

4Kg前後の大型が狙えるようになります。

ただし、シーズンは4月末で終了します。

トラフグの旬の時期

トラフグの旬は秋の彼岸から春の彼岸までと言われています。

11~2月頃がもっともおいしいです。

産卵前の1~3月頃であれば白子が食べられます。

てっちりやてっさなどさまざまな人気料理があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。