クロダイの筏釣りタックルと釣り方

クロダイの筏釣りタックルと釣り方

クロダイ釣りと言えば、磯や堤防から釣るのが人気です。

しかし、筏からでも釣ることができます。

では、どのようにして筏からクロダイを釣ればよいのでしょうか?

ここでは、クロダイの筏釣りタックルと釣り方についてご紹介します。

クロダイが筏で狙える理由

地域や時期によって異なることはありますが、クロダイは筏から狙うことができます。

クロダイが筏の下に集まっているためです。

筏に吊るされたカキがエサになっています。

また、身を隠すのにも適しています。


乗っ込みの時期は、クロダイが産卵のために浅場に移動してきます。

この時期は、筏からクロダイを狙うのにおすすめです。

うまくいけば、良型の数釣りが楽しめるだけでなく、大型が喰ってくることもあります。
スポンサーリンク

クロダイの筏釣りのタックル

筏からは、半遊動式のウキフカセでクロダイを狙います。

タックルは、次のとおりです。

クロダイの筏釣りタックルと釣り方

竿

竿は1号のクロダイ用竿(チヌ竿)を使います。

長さは5.3m前後です。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2500~3000番です。

道糸

道糸はナイロンの2号を使います。

フロートタイプがおすすめです。

ウキ

ウキは棒ウキ水中ウキを使います。

棒ウキは1号、水中ウキは0.8号がおすすめです。

2つのウキを使うと、仕掛けをスムーズに沈めることができます。

このようにすることで半遊動式仕掛けとなります。

ハリス

ハリスはフロロカーボンの1.5号を使います。

長さは3mほどです。

オモリ

オモリはガン玉を使います。

重さはG5~Bです。

潮の速さなどによって変わります。

ハリ

ハリはチヌバリの1~5号を使います。

クロダイの筏釣りのエサ

クロダイの筏釣りのエサとしては、サシエとコマセを使います。

サシエはオキアミがメインとなります。

他には、コーン練りエサを使ってもOKです。

クロダイの反応をみて、エサをローテーションします。


コマセは、オキアミ配合エサを混ぜて作ります。

狙うタナは底なので、比重の重い配合エサを使います。

塊のまま沈んでいく硬さにします。

クロダイの筏での釣り方

はじめに、ウキ下の長さを調整します。

水深に合わせるとよいです。

クロダイを狙うタナは底付近です。

サシエが底ギリギリにくるようにします。


ウキ下の長さの調整が終われば、いよいよ釣り始めます。

まず、仕掛けをキャストします。

キャストの距離は潮の流れる方向によって変わります。

潮が沖に向かって流れている場合左右に流れている場合は、5mほどキャストします。

自分の方に向かって流れている場合は、20mほどキャストするとよいです。

キャストしたら、仕掛けを投入したポイントにコマセを撒きます。

そのまま潮に乗せて流していきます。


アタリがなければ、ウキ下の長さを1m短くします。

このようにすることで、サシエが底から1m上を漂うことになります。

あとはクロダイの反応をみて長さを調整します。

水深よりも長くして底を這わせた方がよいこともあります。


アタリはウキに出ます。

ウキがしっかり海中に入り込むまでは合わません。

入り込んだら、糸ふけを取って大きく合わせます。

ハリ掛かりすれば、筏の下に逃げ込まれないように注意します。

クロダイが浮いてくれば網ですくいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。