【ワカサギ】投げ釣りの仕掛けは?釣り方やエサは?

【ワカサギ】投げ釣りの仕掛けは?釣り方やエサは?

ファミリーフィッシングで人気のワカサギ釣り。

ワカサギ釣りと言えば、氷に穴を掘って釣るというイメージが強いです。

しかし、氷が張らない場所でも狙えます。

ここでは、ワカサギの投げ釣り仕掛けと釣り方、エサについてご紹介します。

ワカサギの投げ釣り仕掛け

ワカサギの投げ釣りと言っても、ちょい投げで十分です。

仕掛けは、次のとおりです。

【ワカサギ】投げ釣りの仕掛けは?釣り方やエサは?

竿

竿はコンパクトロッドを使います。

メバリングロッドやアジングロッド、バスロッドでもOKです。

3~10号のオモリに対応しているものがおすすめです。

長さは2~3mほどです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

2000~2500番がおすすめです。

道糸

道糸はPEの0.4~0.8号を使います。

ナイロンやフロロカーボンの1~2号でもOKです。

仕掛け

仕掛けは市販されているワカサギ専用仕掛けを使います。

胴付き仕掛けがおすすめです。

オモリ

オモリはナス型の2~5号を使います。
スポンサーリンク

ワカサギの投げ釣りのエサ

ワカサギの投げ釣りのエサとしては紅サシを使います。

アカムシを使ってもよいです。

ちょん掛けで付けます。

喰いが悪い時は半分にカットして付けると効果的です。

ワカサギの投げ釣りの釣り方

ワカサギの投げ釣りには難しいテクニックは必要ありません。

そのため、誰でも簡単に釣ることができます。


まず、仕掛けを軽くキャストします。

オモリが底まで沈むのを待ちます。

底に着けば、誘い始めます。


基本的には、仕掛けをゆっくり引いてくるだけです。

速く引くと喰いません。

引く速さに注意が必要です。

たまに止めてエサを喰う間を作ってやります。

引きっぱなしでは喰いたくても喰うことができません。

根掛かりの多いポイントでは、竿を軽くシャクり上げてから仕掛けを移動させるとよいです。


アタリがなければ、その周辺にはワカサギがいません。

仕掛けを回収して、先ほどとは異なるポイントへキャストします。

釣れない時は広範囲を探るようにします。


アタリがあれば、リールを巻き始めます。

ゆっくり巻くとよいです。

追い喰いを狙うこともできます。

追い喰いを狙う場合は、そのままゆっくり引き続けるとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。