ヒラメのショアジギングの仕掛けと釣り方

ヒラメのショアジギングの仕掛けと釣り方

高級魚のヒラメを釣ることができます。

ヒラメは、サーフなどから手軽に狙える人気の高いターゲットです。

食べておいしいので釣る価値は十分にあります。

ここでは、ヒラメのショアジギングの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

ヒラメのショアジギングの時期・時間帯

ヒラメのショアジギングにおすすめの時期は11~1月頃3~4月頃です。

特に、晩秋に釣れるヒラメは良型が多いです。

産卵がらみの個体が混じるためです。


釣れる時期はベイトの接岸状況によって大きく異なります。

ベイトが接岸していないようではあまり期待できません。

カタクチイワシがたくさん接岸してくればよく釣れます。


ヒラメ釣りのおすすめの時間帯は朝マズメです。

ベイトは暗い時間帯に接岸するためです。

ヒラメの活性が高くなります。

明るくなると沖に出て行ってしまいます。

ただし、夜間よりは日中の方がよく釣れます。
スポンサーリンク

ヒラメのショアジギング仕掛け

ヒラメのショアジギング仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

ヒラメのショアジギングの仕掛けと釣り方

ロッド

ロッドはショアジギングロッドを使います。

30~40gのジグに対応したものがおすすめです。

長さは10フィートほどです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは3000~4000番がおすすめです。

ハイギアタイプを使うとよいです。

ライン

ラインはPEの1号を使います。

PEは飛距離が出やすく、感度がよいのでおすすめです。

150m以上巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの5号を使います。

長さは1~1.5mほどにしておきます。

ジグ

ジグは30~40gのものがよく使われます。

スロー系を使うと、ゆっくりフォールさせてアピールすることができます。

カラーは、イワシカラーやシルバー、ゴールドが定番です。

フック

フックはフロントにもリアにも付けます。

フロントフック(アシストフック)にはダブルフック、リアにはトレブルフックがおすすめです。

ヒラメのショアジギングのポイント

ヒラメのは砂地を好みます。

しかし、岩礁帯で喰ってくることもあります。


ヒラメ釣りと言えば、何と言ってもサーフです。

ヒラメは、サーフでの釣りの代表的な魚の1つです。

河川が流れ込むサーフゴロタにあるサーフはおすすめです。

遠浅サーフでも狙えますが、急深サーフの方がおすすめです。

サーフではベイトが集まる離岸流が狙い目です。

海鳥が飛んでいるポイントも有望です。


堤防から狙う場合は、カケアガリや沈み瀬、スリット周りがおすすめです。

潮目などの潮の流れに変化のあるポイントが好ポイントです。

ヒラメのショアジギングの釣り方

まず、ジグをキャストします。

ジグが底に着けば、誘い始めます。


ヒラメはベタ底を狙わないと喰わないようなイメージがあります。

しかし、ヒラメの捕食レンジは意外と広いです。

マゴチとは違って、ヒラメはベイトを見つけると、底から離れたところまで浮いてきて喰ってきます。

そのため、底から0.5~1m上を引いてきた方がよいです。

状況によっては、もっとも上を引いてきてもOKです。


基本的な誘い方はただ巻きです。

底から0.5~1m上をゆっくり引いてきます。

速く巻きすぎると、ジグが浮いてしまいます。

途中で止を入れるストップ&ゴーも効果的です。


リフト&フォールもおすすめです。

ジグを大きくシャクり上げてフォールで沈めます。

底から10~20mまで誘います。


アタリがあればしっかり合わせます。

すぐに合わせても問題ありません。

エサ釣りのように待つとフッキングしません。

フッキングしたら、ラインのテンションを緩めないように巻いてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。