エビメバルの東京湾での釣り方!仕掛けは?

エビメバルの東京湾での釣り方!仕掛けは?

エビメバルをご存じですか?

東京湾での人気のメバル釣りの一種です。

非常に人気の高い釣りとなっています。

ここでは、東京湾でのエビメバルの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

エビメバルとは!釣りの時期は?

エビメバルとは、文字どおりエビでメバルを狙う釣りのことです。

シンプルな胴付き仕掛けを使います。

簡単なので初心者でも楽しめます。


エビメバルは、東京湾に春の到来を告げる釣りの1つです。

例年、2月1日に開幕を迎えます。

水温が上がり始める3月に入ると、最盛期となります。
スポンサーリンク

エビメバルの仕掛け

エビメバルの仕掛けは、次のとおりです。

  エビメバルの東京湾での釣り方!仕掛けは?

ロッド

ロッドはメバル竿を使います。

長さは3m前後です。

仕掛けは2mほどあるため、2.4m以上のものの方が釣りやすいです。

ライトゲームロッドでもOKです。

胴調子で穂先が柔らかいものがおすすめです。

リール

リールは小型の両軸リールを使います。

ライン

ラインはPEの1~2号を使います。

先糸

先糸はナイロンの3号を使います。

長さは3mです。

ラインと直結します。

幹糸

幹糸はフロロカーボンの1.5号を使います。

全長は1.8mほどです。

エダス

エダスはフロロカーボンの0.8号を使います。

長さは25cmほどです。

ハリ

ハリはヤマメの8号などを使います。

3本バリがおすすめです。

オモリ

オモリは20号を使います。

船で指定されることが多いです。

エビメバルのエサ

エビメバルのエサは生きたモエビを使います。

元気なエビでないと喰いが悪くなります。

そのため、動かなくなったり、白くなれば交換します。


尾羽根を取り、そこからハリを刺していきます。

1節目まで刺し込んで、腹の方へハリを抜きます。

浅く刺した方がエビが回転しにくいです。

エビメバルのタナの取り方

エビメバルにおいてタナを取ることは重要です。

メバルのポイントは限られている上に、底の起伏が激しいことが多いためです。

正確にタナを取ることができないとまったく釣れません。


では、どのようにしてタナを取ればよいのでしょうか?

船長から、底から2~3mの範囲内を探るように指示があったとします。

この場合、底から2~3mの範囲内で仕掛けを上げ下げすればよいです。

ただし、底の起伏が激しいため、釣り座によって底までの水深が異なります。

1~2mほど変わります。

その分を調整しないと、仕掛けがタナから外れてしまいます。

そこで、指示ダナ±1mの範囲内を探るようにします。

エビメバルの釣り方

まず、底まで仕掛けを沈めます。

着底後、狙うタナまで巻き上げます。

後は、狙うタナの範囲内で仕掛けを上げ下げして、メバルが喰ってくるのを待ちます。

この時注意すべきことがあります。

それは、上げ下げする際はゆっくり行うことです。

仕掛けを素早く動かしてしまうと喰わないためです。


底の状況は常に変わります。

そのため、まめに底を取り直す必要があります。

そうしないと、タナから外れてしまって釣れなくなります。

底を取り直すことでよい誘いがかかります。


アタリがない場合は、ゆっくり誘い上げてやると効果的です。

誘い上げた後は、必ず止めて喰ってくる間を与えてやります。


アタリがあっても、すぐには巻き上げません。

追い喰いが狙えるためです。

最初のアタリがあった後は、竿を動かさずにそのまま次のアタリを待ちます。

竿先の重みが増せば、追い喰い成功です。

リールを巻き上げます。

海面まで上がってくれば、竿を立てて抜き上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。