釣り情報を確認すると、今京都府の中浜でヒラマサが釣れているということがわかり、早速行ってきました。

釣れていると言っても、1船で10匹も釣れればいい方ぐらいです。

したがって、マダイと兼用で狙うことにしました。

とにかく、久しぶりにヒラマサを1匹でもいいから釣りたいという強い気持ちでした。


9時に出船です。

今日の天気は晴れで、ほとんど風・波もなく絶好の釣り日和でした。


いい天気です。

2・3日前には低気圧の関係で時化ましたので、朝は少し気温が低く寒かったですが、昼からは暖かくなってきました。

今回はポイントがすぐ近くにありますので、15分ほどで到着しました。


ちょっとわかりにくいですが、向こうの島の一番左端が経ヶ岬です。

経ヶ岬には展望台があります。

早速準備をします。


仕掛けは次のとおりです。

竿
青龍竿 300Ⅲ

リール
ハイパータナコン500Fe


12号 3本

ハリス
6号 全長15m


80cm

間隔
300cm


仕掛けのハリスは5号にしようか、6号にしようか迷いましたが、ヒラマサ釣りも兼ねるので、念のために6号にしました。


釣りのスタートです。

今日は完全ふかせ釣りです。

流してみると、潮が最悪でした。

まずあまり流れていないようです。

それよりも最悪なのが、逆潮で2枚潮でした。

しかも、仕掛けがアンカーロープの方へ流れていきます。

アンカーロープに引っ掛けないために席を替えました。

結果このように釣りにくい場所になってしまいました。


送り出した糸が船底に入っていきます。

これでも釣れないことはないです。

アンカーロープに引っ掛かるよりはマシです。


ゆっくりではありますが、糸が流れていきます。

トモに座っていたメンバーの竿に当たりがありました。

そこそこの引きです。

上げてみると50cmほどのマダイです。

良型です。

しばらくすると、他のメンバーの糸が激しく出て行きます。

本命のヒラマサか!?

竿を強く引き込みます。

慎重に巻き上げると、待望のヒラマサでした。


しばらくすると、私の竿にもようやく当たりがありました。

リールの糸がシューッと出て行きます。

久しぶりということもあったのですが、やはり完全ふかせで糸が出ていく瞬間はたまりません。

キターッという感じが好きで、完全ふかせ釣りが一番のお気に入りです。

それほど大きく締めこまないので、マダイのようです。

巻き上げると50cmほどのマダイでした。


横から仕掛けの出て行くところを写真に撮りました。

こんなんで本当によく釣れるなと私自身も思ってしまいます。


少し釣れない時間がありましたが、撒き餌が効いてきたのか、他のメンバーも私もコンスタントに釣れ始めます。

それほどたくさんは釣れませんが、ポツポツと誰かが竿を曲げているという状態です。

昼の1時までにマダイが4匹釣れました。

大きいマダイは釣れませんでしたが、40~50cmぐらいのマダイばかりが上がってきます。


夕方にかけてもっと釣れるのではと思っていたのですが、ここから3時間、私の竿には当たりが一切ありませんでした。

1人のメンバーの竿にだけは、なぜかコンスタントに当たりがありましたが・・・。


諦めかけていた4時過ぎにようやく私の竿に当たりがありました。

リールの糸が激しく出て行きます。

これはヒラマサか!?

絶対にバラしたくないという緊張感の中で、慎重に巻き上げます。

はやり今でのマダイの引きとは、少し違うようです。

時折、竿を強く引き込みます。

巻き上げてくると、白い魚体が見えてきました。

赤ではなく、白です。

待望のヒラマサです。


ちょっと光が反射して見くいですが、65cmのヒラマサでした。

最近ヒラマサはあまり釣れませんので、今回釣れないと次はいつ釣れるのかわからないだけに本当にうれしいです。



結局これが最後の1匹になりました。

5時前に釣りを終えました。


日時
2019年4月22日 9時~17時


人数
3人

ポイント
京都府 中浜

釣り方
完全ふかせ


私の釣果

マダイ4匹 42cm~50cm

ヒラマサ1匹 65cm

おすすめの記事