戻りガレイの釣り方のコツとタックル

戻りガレイの釣り方のコツとタックル

戻りガレイをご存じでしょうか?

春に釣れるカレイのことです。

カレイは冬だけでなく、春にも狙えます。

ここでは、戻りガレイのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

戻りガレイとは

戻りガレイという呼び名から、どこかからか戻ってきたカレイというイメージが強いです。

しかし、そういう意味ではありません。

カレイの産卵期は12月半ば~2月です。

産後すぐはエサを喰いません。

しかし、春になると、カレイは体力回復のために荒喰いし始めます。

カレイが釣れ出したので、釣り人はカレイが戻ってきたような錯覚に陥ってしまいます。

そのため、この時期のカレイは戻りガレイと言います。

桜が咲く時期ということで花見ガレイとも呼ばれます。
スポンサーリンク

戻りガレイ釣りのタックル

戻りガレイ釣りのタックルは、次のとおりです。

戻りガレイの釣り方のコツとタックル

竿

竿はオモリ負荷30号前後の投げ竿を使います。

長さは4mほどです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

投げ専用がおすすめです。

ドラグ付きのものを選びます。

道糸・力糸

道糸はナイロンの3~5号を使います。

3→12号のテーパーラインなどをセットします。

テンビン

テンビンはL型テンビンを使います。

遊動式がおすすめです。

オモリは30号前後です。

根掛かりが多いポイントではジェットテンビンがよいです。

幹糸

幹糸はフロロカーボンの6~8号を使います。

長さは1mほどです。

エダス

エダスはフロロカーボンの4~5号を使います。

長さは10~20cmほどです。

ハリス

ハリスはフロロカーボンの4~5号を使います。

長さは40cmほどです。

ハリ

ハリはカレイ針の13~16号を使います。

基本は2本バリです。

根掛かりの多いポイントでは1本にします。

戻りガレイ釣りのポイント

戻りガレイ釣りでは、底の地形に変化のあるポイントを狙います。

もっともおすすめなのがカケアガリ船道です。

シモリなどの障害物周辺も狙い目です。

潮目も狙っていくとよいです。


初めての釣り場では、オモリだけを付けてキャストします。

水深や底の地形をチェックするとよいです。

オモリがスムーズに引ければ砂地、重く感じればカケアガリ、ゴツゴツすればシモリであると判断できます。


常に遠投すればよいというわけではありません。

近場でも釣れることが多いためです。

そのため、さまざまな距離に投げ分けて探っていくとよいです。

戻りガレイ釣りのエサ

戻りガレイ釣りのエサとしては、アオイソメホンムシを使います。

アオイソメは房掛けにします。

3~4匹付けます。

動きと大きさでアピールします。

ホンムシのみを付ける場合は、頭側を使います。


アオイソメとホンムシをミックス掛けにしてもOKです。

まず、ホンムシ(しっぽ側)をハリに刺して、その後アオイソメを2~3匹房掛けにします。

匂いと動きでアピールできます。


最近入手するのが難しいと言われるコウジもおすすめです。

大型カレイを狙うのに適しています。

マダイなども喰ってきます。

戻りガレイの釣り方のコツ

まず、仕掛けをキャストします。

可能であれば、同時に3~4本竿を出します。

方向や距離を変えて、いろいろなポイントに投げ分けます。


仕掛けが着底すれば、糸ふけを取って置き竿にしておきます。

この時ドラグを緩めておきます。

後は、アタリを待ちます。


カケアガリなど特定のポイントを狙いたい場合は、仕掛けを引いていきます。

狙うポイントまでくれば、その場で止めてアタリを待つとよいです。


しばらく待ってもアタリがなければ、竿を煽ります。

仕掛けを引いてポイントを変えてもOKです。

仕掛けを回収してキャストし直すのも効果的です。


アタリは、穂先に出ることが多いです。

穂先を揺らしたり、糸がフケます。

アタリがあっても、すぐに合わせてはいけません。

早合わせは厳禁です。

最低でも30秒ほどは待ちます。

いきなりは合わせず、まずは聞いてみます。

重みを感じれば大きく合わせます。

ハリが掛かれば、道糸のテンションをかけた状態でリールを巻いてきます。


先ほどヒットしたポイントを再度狙います。

うまくいけば連続ヒットします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。