ヤエン釣りのタックルと釣り方のコツ【アオリイカ】

ヤエン釣りのタックルと釣り方のコツ【アオリイカ】

今やアオリイカ釣りと言えば、エギングと言っても過言ではありません。

しかし、エサ釣りの人気も根強いです。

中でも、ヤエン釣りはスリルがあって面白いです。

ここでは、ヤエン釣りのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

ヤエン釣りとは

ヤエン釣りとは、アオリイカをエサに抱きつかせ、ヤエンと呼ばれる掛け針で引っ掛けて釣りあげる釣法のことです。

ヤエンはアオリイカがエサに抱きついてから投入します。

ヤエンをうまくエサのところまで沈め、タイミングを計って合わせないと掛かりません。

取り込むまでのスリリングさが堪りません。

しかも、エサを使った方が大型を釣りやすいです。

スポンサーリンク

ヤエン釣りの時期のおすすめ

アオリイカ釣りはがおすすめの時期です。

春は4~7月頃が狙い目です。

大型がよく釣れます。

5~6月頃がベストです。

秋は9~12月頃が狙い目です。

数をたくさん釣りたいのなら、この時期です。

9~10月頃がベストです。


ヤエン釣りは春の大型狙いにぴったりです。

夜釣りだけでなく、日中にも釣ることができます。

ヤエン釣りのタックル

ヤエン釣りのタックルは、次のとおりです。

ヤエン釣りのタックルと釣り方のコツ【アオリイカ】

竿

竿は1.5~2号の磯竿を使います。

長さは5.3m前後です。

リール

リールは小~中型のスピニングリールを使います。

サイズは2000~3000番が釣りやすいです。

ドラグ性能のよいものがおすすめです。

道糸

道糸はナイロンの1.5~2号を使います。

ハリ

ハリは2号のチヌバリを使います。

ヤエン

ヤエンは各釣り具メーカーからいろいろ販売されています。

エサのサイズに合ったものを揃えておきます。

大きすぎても、小さすぎてもうまく掛かりません。

ヤエン釣りのポイント

ヤエン釣りは堤防や磯で行われることが多いです。

初心者は足場のよい堤防がおすすめです。

藻場やシモリ、捨て石帯の切れ目周辺は好ポイントです。

底に変化のあるポイントを探すとよいです。

アオリイカは小魚を捕食するので、小魚が集まりやすいポイントも狙い目です。

堤防なら、墨跡のチェックを行います。

墨跡がたくさんある場所はよく釣れている証拠です。

ヤエン釣りのエサ

ヤエン釣りのエサは生きたアジを使います。

現地で調達するのがおすすめです。

サビキ釣りなどで狙うとよいです。

もちろん、釣具店などで購入してもOKです。

イワシコッパグレなどでも釣れます。


アジのゼイゴにハリを掛けます。

ハリが抜けにくいです。

ここに掛けると、アジは自由に泳げます。

ヤエン釣りの釣り方

まず、狙ったポイントへ仕掛けを投入します。

エサが思っている方へ行かない場合は、向かわせたい方と逆の方にテンションをかけるとよいです。

あとは、ドラグを緩めてそのままアタリを待ちます。


アオリイカがエサに抱きつくと走り出します。

ドラグを緩めているため、道糸が出ていきます。

道糸が出ていくのが止まっても、すぐにはリールを巻き始めません。

しばらく待ちます。

この時、アオリイカはエサに喰いついています。

アオリイカがエサを食べるのに夢中になっている時に、ゆっくり一定の速さで巻き出します。

いつでもヤエンを投入できるように、近くに準備しておきます。


道糸と水面の角度が45度くらいになれば、ヤエンを道糸にセットします。

竿を立て気味にして、ヤエンを落とし込んでいきます。

道糸を張ったり緩めたりすると、ヤエンが沈みやすくなります。


ヤエンがアオリイカのいるところに達したと思えば、リールをゆっくり巻きます。

ドラグは少し締めます。

強い引き込みがあれば、アオリイカが掛かっています。

強い引き込みがなければ、大きく合わせます。

そうしないと、このままでは掛かりが弱くてバレやすいためです。

重みが伝わってくれば、アオリイカが掛かっています。

掛かれば、身切れに注意しながらゆっくり寄せてきます。

最後は網ですくうとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。