カマスのルアータックルと釣り方【カマシング】

カマスのルアータックルと釣り方

カマスのルアー釣りの人気が高いです。

カマスは魚食性が強い魚です。

そのため、ルアーに好反応を示します。

ここでは、カマスのルアータックルと釣り方についてご紹介します。

カマス釣りのおすすめの時間帯

カマス釣りは朝夕マズメがおすすめです。

カマスの活性が高く、釣りやすいためです。

夜釣りも比較的狙いやすいです。

ゆっくりのアクションで誘うとよいです。

日中にも釣れますが、やや活性が低いです。

深場を探ります。
スポンサーリンク

カマスのルアータックル

カマスのルアータックルは、次のとおりです。

カマスのルアータックルと釣り方

ロッド

ロッドはアジングロッドやメバリングロッド、バスロッドを使います。

長さは6~7フィートです。

リール

リールは小型のスピニングリールを使います。

サイズは2000~2500番が釣りやすいです。

ライン

ラインはナイロンの1.5~2号を使います。

100m巻いておけば問題ありません。

ルアー

ルアーはいろいろなものが使えます。


ミノー

ミノーはシンキングタイプが釣りやすいです。

比較的浅いポイント近いポイントを狙うのに適しています。

サイズは5~7cmがおすすめです。


ジグ

ジグは飛距離が出やすいので、広範囲を探るのに適しています。

沈むのが速いので、手返しよくタナも探れます。

重さは7~14gがおすすめです。


スピンテールジグ

スピンテールジグは、ブレードの回転によって強くアピールすることができます。

飛距離が出やすいです。

重さは7~14gがおすすめです。


ジグヘッド&ワーム

ジグヘッド&ワームは、ナチュラルな動きでアピールします。

初心者が釣るのに適しています。

ジグヘッドは2~7gがおすすめです。

ワームは2インチを使います。

シャッドテールピンテールがおすすめです。

カマスのルアー釣りのポイント

カマスのルアー釣りは、小型のルアーを使うので、堤防から釣るのがおすすめです。

潮通しのよいポイント底の地形に変化のあるポイントを探します。

特に、堤防の先端やコーナー、潮目は狙い目です。

船のシェードや船道、カケアガリ、岸壁の際もよく釣れます。

夜釣りで狙うのなら、常夜灯周辺は外せません。

ベイトを求めてカマスが寄ってきます。

明かりの明暗の境目を攻めるとよいです。

カマスのルアーの釣り方

まず、ルアーを狙ったポイントへキャストします。

任意のタナまで沈め、誘い始めます。

カマスのルアー釣りの基本的な誘い方は主に2つです。

  • ただ巻き
  • ストップ&ゴー

ルアーの種類を問いません。

この2つの誘い方で何とかなることが多いです。

まずはこの2つを試してみるとよいです。

あとは、巻く速さや止める時間などに変化を付けて、カマスの反応を確認します。


カマスが表層付近に浮いている場合は、ミノーやジグで誘います。

水面下0.5~2mの範囲内を速めのスピードで引いてきます。

これだけで喰ってきます。

アタリがなければ、ただ巻きにトゥイッチを入れると効果的です。

トゥイッチの後、誘うのを止めるとアタリが出やすいです。


中層~底付近を狙う場合は、一定の速さで引いてきます。

底に沈めてから、ルアーをゆっくり引き上げていきます。


アタリがあれば、しっかり合わせます。

巻き合わせでもOKです。

フッキングすれば、ラインのテンションを抜かず、一定の速さで巻いてきます。


カマスは群れを作って泳いでいます。

そのため、アタリのあったタナを再び狙うとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。