シイラをショアジギングで狙う!仕掛けや釣り方は?

シイラをショアジギングで狙う!仕掛けや釣り方は?

シイラは大きな頭部をもち、興奮すると黄色などのカラフルな魚体になります。

群れて回遊し、最大で2mほどになります。

シイラはルアーに好反応を示すため、ルアー釣りの人気のターゲットとなっています。

ここでは、シイラのショアジギングの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

シイラ釣りにおすすめの時間帯など

シイラ釣りは、朝夕マズメよりも日中の明るい時間帯の方がおすすめです。

大部分の魚は朝夕マズメがおすすめの時間帯になっています。

しかし、シイラは他の魚とは違っています。

他には、次のような時に狙うとよいです。

曇っている日よりも晴れている日の方が狙い目です。

潮は濁っているよりも澄んでいる方が釣りやすいです。
スポンサーリンク

シイラのショアジギング仕掛け

シイラは、トップウォーター系のルアーで狙うことが多いです。

しかし、シイラが沖の方にいる場合トップウォーターでスレてしまった場合はジグで狙うのがおすすめです。

もちろん、ジグで海面直下を狙うのこともできます。

ここでは、ジグを使った仕掛けについて解説します。


仕掛けは次のとおりです。

シイラをショアジギングで狙う!仕掛けや釣り方は?

ロッド

ロッドはショアジギングロッドを使います。

大型のヒラマサなどが喰ってくることがあるので、大物に対応したものがよいです。

MHまたはHクラスがおすすめです。

長さは10フィート以上です。

長いほど飛距離が出ますが、体力に自信がない人は長すぎるとかなりつらいです。

リール

リールはスピニングリールを使います

サイズはダイワなら4500~5000番、シマノなら8000番がおすすめです。

ライン

ラインはPEの4~5号を使います。

200m以上巻いておきます。

リーダー

リーダーはナイロンの80lb以上を使います。

フロロカーボンでもOKです。

ラインとはFGノットPRノットで結束します。

ジグ

60~100gの太めのショートジグを使います。

より遠投したいのなら100g以上を使ってもOKです。

ただし、体力に自信のない人は重いジグは避けた方がよいです。

シイラのショアジギングのポイント

シイラはどこからでも狙えるわけではありません。

当然ですが、シイラが回遊してこない釣り場では釣ることはできません。

そのため、実績のある釣り場(堤防や磯など)で狙う必要があります。

大型を狙いたいのであればなおさらです。

ただ、実績のある釣り場でも回遊してこないことがよくあります。

ショアから狙う場合は、シイラが回遊してくるのを待つしかありません。


シイラは、潮通しのよいポイントがおすすめです。

ベイトの存在も重要です。

シイラは、流れ藻や流木の下についていることが多いです。

潮目も狙い目です。

ナブラを見つければ、その周辺を狙ってみるとよいです。

シイラのショアジギングの釣り方

活性の高いシイラは海面を意識して泳いでいます。

そのため、ジグで海面直下を狙います。

まず、ジグをキャストします。

ジグが着水すれば、すぐに誘い始めます。

基本的にはただ巻きで引いてくるだけです。

速く巻いてダメなら、巻く速さを調整します。

ジグが海面を割っても問題ありません。


海面直下で反応がなければ、中層を狙っていきます。

カウントダウンでジグを沈めて、シイラのいるタナを探っていきます。

誘い方は、ただ巻きワンピッチジャークがおすすめです。

フォールを入れたり、シャクリなどでイレギュラーなアクションを加えると効果的です。


シイラはスレやすい魚です。

そのため、ジグへの反応が鈍くなれば、すぐにジグの種類やカラーを交換するようにします。


アタリがあればしっかり合わせます。

フッキングしたら、多少強引になっても巻いていきます。

ドラグはきつく締めておきます。

シイラを走らせてしまうと、他の釣り人とオマツリしてしまうためです。

シイラを寄せてくれば、網かギャフで引き上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。