アオリイカのウキ釣りの仕掛けと合わせ方

アオリイカのウキ釣りの仕掛けと合わせ方

アオリイカ釣りと言えば、エギングがあまりにも有名です。

他にも、いろいろな釣り方で狙えます。

中でもおすすめなのがウキ釣りです。

ここでは、アオリイカのウキ釣りの仕掛けと合わせ方についてご紹介します。

アオリイカをウキ釣りで狙う際の仕掛け

アオリイカのウキ釣りは夜釣りで行うことが多いです。

そのため、夜釣りで使う仕掛けについて解説します。


仕掛けは、次のとおりです。

アオリイカのウキ釣りの仕掛けと合わせ方

竿

竿は1.5~3号の磯竿を使います。

長さは4.5~5.3mです。

軽くキャストして釣るのなら、エギングロッドシーバスロッドでもOKです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2500~3000番が使いやすいです。

道糸

道糸はナイロンの2~4号を使います。

ウキ

ウキは3~5号の電気ウキを使います。

発光体をセットできる発砲ウキでもOKです。

オモリ

オモリは中通しオモリを使います。

3~5号です。

仕掛け

仕掛けは市販のアオリイカのウキ用仕掛けを使います。

各メーカーから販売されています。
スポンサーリンク

アオリイカのウキ釣りのポイント

アオリイカのウキ釣りは堤防や磯で行われることが多いです。

堤防では先端などの潮通しのよいポイントが狙い目です。

潮目を見つければ期待大です。

夜釣りなら、ベイトが集まってくる常夜灯周辺もおすすめです。

磯ではカケアガリシモリ周辺が狙い目です。

堤防同様、潮目はおすすめです。

アオリイカのウキ釣りのエサ

アオリイカのウキ釣りのエサは生きたアジです。

アジはサビキ釣りなどで釣ってもよいです。

もちろん、釣具店で購入してもOKです。

アジは、エアーポンプをセットしたバケツやバッカンなどに入れておきます。


アジは鼻掛け背掛けにします。

どちらでもよいです。

アオリイカのウキ釣りの釣り方とコツ

まず、仕掛けをキャストします。

アジが弱らないように優しくキャストしなければなりません。

着水したら、ラインを送り出して仕掛けを沈めていきます。

仕掛けが沈めば、糸ふけを取ります。

後は、アオリイカがアジに抱きつきに来るのを待つだけです。

誘いをかける必要はありません。


ある程度待ってもアタリがなければ、エサのチェックをします。

アジが弱っていれば交換します。

ポイントから外れてしまった場合も仕掛けを回収します。


アタリにはいろいろなパターンがあります。

  • ウキが海中に消えていく
  • ウキが海面下で動かなくなる
  • ウキが横に走っていく
  • 立っていたウキが寝てしまう

アタリがあれば、ゆっくり聞いてみます。

早合わせは厳禁です。

重みがあれば、アオリイカがアジに抱き付いています。

ゆっくり大きく合わせます。


ハリが掛かれば、一定の速さで巻いてきます。

ラインを緩めるとバレるので、注意が必要です。

網ですくうか、ギャフで引っ掛けます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。