ショアスローとは?仕掛けやアクションについて解説

ショアスローとは?仕掛けやアクションについて解説

ショアからジギングを行う釣り人が増えています。

ショアジギングと言えば、ワンピッチジャークなどでの速いアクションで誘うイメージが強いです。

しかし、ゆっくりと誘う釣り方もあります。

それがショアスローと呼ばれるものです。

ここでは、ショアスローの仕掛けやアクションなどについてご紹介します。

ショアスローとは

ショアスローとは、ショアで行うスロージギングのことです。

スローピッチジャークと呼ばれる誘い方でジグをアクションさせます。

ロッドをゆっくりと大きくシャクり上げ、大きくフォールさせる独特なものです。

フォール重視の誘い方なので、フォールに好反応を示す魚を狙うのにぴったりです。


シャクり上げた分フォールさせるので、メタルジグのレンジはほとんど変わりません。

そのため、底付近の限られた狭いレンジを攻めるのに適しています。
スポンサーリンク

ショアスローで釣れる魚

通常のショアジギングではアクションが速いので、喰ってくるのは青物が中心となります。

ジグの速い動きに対応できない魚は喰うことができません。

その点、ショアスローはゆっくりとしたシャクリとフォールで誘うのでさまざまな魚が釣れます。

主なものは次のとおりです。

  • キジハタ
  • アカハタ
  • カサゴ
  • 青物(ブリなど)
  • マダイ
  • イサキ
  • ヒラメ
  • マゴチ

底付近でしか釣れない魚を狙うのに最適です。

ショアスローの仕掛け

ショアスローの仕掛けは次のとおりです。

ショアスローとは?仕掛けやアクションについて解説

ロッド

ロッドはショアスロー用ロッドを使います。

40gぐらいのジグに対応しているものがおすすめです。

長さは9~10フィートほどです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

2500~3000番がおすすめです。

ライン

ラインはPEの0.8~4号を使います。

狙う魚によって大きく変わります。

カサゴなら細めでよいですが、良型のキジハタなら太めが安心です。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの2~5号を使います。

ラインの太さに合わせます。

長さは1~2mです。

ジグ

ジグはショアースロー用のジグを使います。

扁平型のジグで、フォール時はひらひらとゆっくり沈みます。

重さは20~40gをメインに使います。

ショアスローの釣り方

まず、ジグを底まで沈めます。

底まで沈んだら、糸ふけを取ります。

ロッドをゆっくり大きくシャクり上げます。

ロッドの穂先がまっすぐになるまで待ちます。

この時、ロッドの反発力でジグが跳ね上がります。

ジグはスライドして、不規則なアクションを起こします。

ロッドを肘に当ててシャクるとよいです。

リールのハンドルは回しません。


穂先がまっすぐになれば、ロッドを下げながらリールを巻いて糸ふけを取ります。

この時、ジグはフリーフォールします。

この後、再びロッドをシャクり上げて、先ほどの誘いを繰り返します。


この誘い方でもっとも重要なのは、ロッドをシャクり上げた後、穂先がまっすぐになるまでしっかり待つことです。

穂先はまっすぐになるまで動かしてはいけません。

まっすぐに戻る前にロッドを下げると、ジグが跳ね上がりません。

これでは誘いがかからないので、魚は喰ってくれません。


アタリがあればすぐに合わせます。

フッキングすれば、ラインを緩めずに巻き上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。