マダラジギングのタックルと釣り方

マダラジギングのタックルと釣り方

マダラはタラ鍋で有名な高級食材です。

冬は白子が食べられます。

マダラをジギングで狙うことができます。

1m超の大型が釣れることもあります。

ここでは、マダラジギングのタックルと釣り方についてご紹介します。

マダラ釣りの時期

マダラは夏~冬まで釣ることができます。

7~3月頃です。

おすすめの時期はです。

地域によっては、時期が異なります。
スポンサーリンク

マダラジギングのタックル

マダラジギングのタックルは、次のとおりです。

  マダラジギングのタックルと釣り方

ロッド

ロッドはスロージギング用ロッドを使います。

300~500gのジグが扱えるものを選びます。

釣り場によって使用するジグの重さが異なるので、注意が必要です。

長さは6~7フィートです。

リール

リールはベイトリールを使います。

サイズは必要なラインを巻けるものを選びます。

ハイギアタイプがおすすめです。

ライン

ラインはPEの1~1.5号を使います。

400~500m巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの6~7号を使います。

長さは3~4mです。

ジグ

ジグはスロージギング専用ジグを使います。

重さは300~500gを用意しておくとよいです。

念のため、船長に確認しておくと間違いありません。

フック

フックはフロント・リア共に付けます。

刺さりのよいダブルフックがおすすめです。

タコベイトを付けてもよいです。

マダラジギングの釣り方

深場で狙う場合は、船長の指示があってからジグを投入します。

オマツリを防止するためです。

釣り船によって異なります。

とにかく船長の指示に従うようにします。


まず、ジグを底まで沈めていきます。

マダラは底付近にいるためです。

着底すれば、糸ふけを取って誘い始めます。

ロッドを大きくシャクり上げ、リールを半回転巻きます。

これを繰り返します。

底から5m上まで誘い、再び底まで沈めます。


上のアクションに、フォールを入れて誘うのも効果的です。

数回シャクり上げた後、フォールさせて数秒止めます。

フォール後に止めるとよいことがあります。


ロングフォールもおすすめです。

ロッドをいっぱいまでシャクり上げて、ジグをフォールさせます。

テンションフォールでもフリーフォールでもよいです。

反応のよい方を採用すればOKです。


アタリがあれば合わせます。

巻き合わせの方がよいこともあります。

フッキングすれば、ポンピングせずに一定の速さで巻き上げます。

無理をしすぎるとバレるので、注意が必要です。

マダラは身が柔らかいためです。

だからと言って、ゆっくり巻きすぎると、釣り場によってはサメにやられてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。