アジングの飛ばしウキ仕掛けと釣り方【フロートリグ】

アジングの飛ばしウキ仕掛けと釣り方【フロートリグ】

アジングと言えばジグ単で狙うのが一般的です。

しかし、最近はフロートリグでの釣りの人気が高まっています。

フロートリグによるさまざまなメリットがあるためです。

ここでは、飛ばしウキを使ったフロートリグ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

【アジング】フロートリグ(Fシステム)のメリットとは

フロートリグ(Fシステム)最大のメリットは、飛ばしウキを使うことによって飛距離が出ることです。

ジグ単では、仕掛けが軽いので飛距離が出にくいです。

重いジグヘッドを使うと、飛距離が出やすくなりますが、喰いが悪くなってしまいます。

フロートリグは、飛ばしウキの重さでキャストするため、ジグヘッドは軽いものを使えます。

その結果、遠投できて喰いが悪くなることがありません。


フロートリグの中にFシステムというものがあります。

従来は、中通しタイプの飛ばしウキが使われていました。

しかし、Fシステムではリーダーで飛ばしウキを分離しました。

これによって、さまざまなメリットが生じました。

  • 飛行が安定するので、さらに飛距離が出やすい
  • ジグヘッドに干渉しなくなったのでアタリを取りやすい
  • キャスト時に仕掛けが絡まるトラブルが減少した
スポンサーリンク

飛ばしウキ仕掛けはどこからでも釣れる

ジグ単では、足元に海藻や根、消波ブロックなどが広がるポイントでは釣りにくいです。

仕掛けを回収する際に根掛かりしてしまうためです。

しかし、飛ばしウキ仕掛けはどこからでも釣ることができます。

足場も選びません。

そのため、足元に障害物のあるシャローエリアでも遠投して釣ることができます。

手前で根掛かりしそうだと思えば、手早く回収すればよいだけです。

アジングの飛ばしウキ仕掛け

アジングの飛ばしウキ仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

アジングの飛ばしウキ仕掛けと釣り方【フロートリグ】

ロッド

ロッドはフロートリグに対応するアジングロッドを使います。

ライトゲームロッドやエギングロッド、シーバスロッドでもOKです。

繊細なアタリを取れる感度の高いものを選びます。

MAXで20~30gのウェイトに耐えられるものがおすすめです。

長さは7~8フィートです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2000~2500番です。

ライン

ラインはPEの0.5~0.6号を使います。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの1.5~2号を使います。

長さは0.5~1.5mです。

渋い時は長めにします。

飛ばしウキ(フロート)

飛ばしウキ(フロート)は5~15g前後を使います。

状況によって、シンキングタイプフローティングタイプを使い分けます。

リーダーとラインとの結び目までの長さは15cmほどです。

長すぎるとトラブルの原因となります。

ジグヘッド

ジグヘッドは0.5g前後を使います。

場合によっては1.5gまで使うことがあります。

シンカーなしのこともあります。

ワーム

ワームは1.5~2.5インチのものを使います。

チャート系やクリア系、グロー系が人気です。

アジングの飛ばしウキを使った釣り方

アジングの飛ばしウキを使った釣り方についてご紹介します。

飛ばしウキを使った仕掛けでも全層を狙うことができます。

飛ばしウキのタイプをうまく使い分けます。

まずは表層を攻め、反応がなければレンジを下げていきます。

最終的には底付近を狙います。


仕掛けを狙ったポイントへキャストします。

狙ったレンジまで沈めます。

沈めば、リールを巻いて糸ふけを取り、ジグヘッドを潮の流れに乗せていきます。


表層を狙う場合の誘い方です。

スローに引いてスイミングさせます。


その際、シェイクを入れていきます。

リフト&フォールもおすすめです。

ジグヘッドをシェイクしながら持ち上げて落とし込んでいきます。

中層や底を狙う場合リフト&フォールが効果的です。

もちろん、狙うレンジに適した飛ばしウキを使う必要があります。


渋い時は、あまり動かさない方がよいです。

スローに動かすぐらいにします。

リーダーを潮に馴染ませるイメージです。

緩めすぎるといけないので、たまに巻いて軽くシャクります。


アタリがあれば合わせます。

怪しいと感じればどんどん合わせていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。