遠投サビキ仕掛けと釣り方・エサ

遠投サビキ仕掛けと釣り方・エサ

ファミリーフィッシングの定番であるサビキ釣り。

サビキ釣りの中には、ウキを使った遠投サビキというものがあります。

おすすめの釣り方です。

サビキ釣に行くなら、必ず準備しておきたいところです。

ここでは、遠投サビキ仕掛けと釣り方・エサについてご紹介します。

遠投サビキのメリット

サビキ釣りは、通常目の前に仕掛けを沈めて釣ります。

そのため、魚が目の前を回遊しないと、アタリがまったくありません。

サビキ釣りは魚が回遊してくるまで待つしかありません。

一方の遠投サビキは、仕掛けにウキが付いており、キャストすることができます。

キャストできれば、遠くのポイントを狙うことができます。

つまり、魚が目の前を回遊しなくても、魚がいそうなポイントを探っていくことができます。

これは非常に大きなメリットです。
スポンサーリンク

遠投サビキの仕掛け

遠投サビキの仕掛けは、次のとおりです。

遠投サビキ仕掛けと釣り方・エサ

竿

竿は万能竿コンパクトロッドを使います。

長さは3m前後です。

1~2号の磯竿でもOKです。

4~5mといった長めのものを使うと、離れたポイントを狙えます。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2000~3000番です。

道糸

道糸はナイロンの2号を使います。

ウキ

ウキはサビキウキを使います。

仕掛け

仕掛けは市販のサビキ専用のものを使います。

ハリのサイズは3~6号です。

魚のサイズや活性によって変えます。

カゴ

カゴはサビキカゴを使います。

遠投サビキのエサ

遠投サビキのエサはアミエビです。

サビキ釣りの定番のエサです。

これ以外は考えられません。


アミエビをカゴに詰めます。

仕掛けの下に付けるタイプのカゴには、アミエビをギッシリ詰めても問題ありません。

遠投サビキの釣り方

まず、仕掛けをキャストします。

足元で釣ることもできます。

その後、竿を軽く煽ってマキエを出します。

2~3回連続で煽るとよいです。

マキエが出れば、そのままアタリを待ちます。

マキエがサビキ仕掛けと同調すれば、魚は喰ってくれます。


少し待っても、アタリがなければもう1度竿を煽ってみます。

それでも喰ってくれない場合は仕掛けを回収します。

ハリにエサを付けませんので、粘っても釣れません。

手返しよく、マキエを撒いて魚を寄せると数釣りが楽しめます。


アタリがない場合は、ウキ下の調整を行います。

基本的には上の層を狙えば小型、下の層を狙うと良型を狙うことができます。


魚がハリに掛かると、ウキがダンスをするようにぴょんぴょんと跳ねます。

ウキが寝てしまうのもアタリです。

アタリがあれば、一定の速さで巻き上げます。

ゆっくりの方がバレにくいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。