アジングのジグ単タックルと釣り方

アジングのジグ単タックルと釣り方

おかっぱりからのアジ釣りと言えば、サビキ釣りのイメージが強いです。

しかし、アジングの登場後はルアーで狙う人が増えました。

今ではアジングという釣りが確立されています。

ジグ単で狙うのが一般的です。

ここでは、アジングのジグ単タックルと釣り方についてご紹介します。

アジングとは?ジグ単とは?

アジングとは、ルアーを使ってアジを釣ることです。

ルアー釣りが登場するまでは、サビキ釣りを中心としたエサ釣りが人気の釣法でした。

しかし、ルアーでアジが釣れることがわかってからは状況が変わりました。

ルアー釣りは非常にゲーム性が高いので、多くの釣り人がアジングに魅了されていきました。


ルアー釣りと言っても、ルアーにはいろいろなものがあります。

もっとも代表的なのがジグヘッドリグです。

ジグヘッドとワームだけを使ったシンプルな仕掛けです。

ソルトウォーターゲームでは、ジグヘッドリグのことをジグ単と呼びます。
スポンサーリンク

アジングのジグ単タックル

アジングのジグ単タックルは、次のとおりです。

アジングのジグ単タックルと釣り方

ロッド

ロッドはアジングロッドを使います。

専用ロッドは、軽くて操作しやすいので釣りやすいです。

ジグ単メインならソリッドティップモデルがおすすめです。

長さは6~7フィートです。

メバリングロッドでもOKです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは1000~2000番です。

軽量モデルがおすすめです。

ライン

ラインはPEの0.3~0.4号を使います。

PEは感度がよいので、アタリを取りやすいです。

上級者はエステルがおすすめです。

エステルも繊細なアタリを逃しません。

リーダー

リーダーは、PEを使う場合には必須です。

フロロカーボンの1号前後を使います。

長さは30~50cmでよいです。

PEとはFGノットなどで結束します。

ジグヘッド

ジグヘッドは0.5~2gを用意しておきます。

よく使うのは1g前後です。

慣れないうちは少し重めを使うと、ジグヘッドの位置を把握しやすいです。

ワーム

ワームは2インチ前後を使います。

アジングにストレートタイプがおすすめです。

カラーは、定番のものを最低でも4~5つ用意しておくとよいです。

定番のカラーには次のようなものがあります。

  • クリア系
  • チャート系
  • グロー系
  • ピンク系
  • グリーン系

アジングのポイント

アジングは、あまり波のない穏やかなポイントが釣りやすいです。

軽量のルアーを操作するためです。

ただし、ある程度の潮の流れは必要です。

そうでないと、アジが回遊してきません。


アジングは漁港堤防がおすすめです。

夜釣りなら、常夜灯周辺が狙い目です。

アジのエサであるプランクトンが集まってくるためです。

日中なら、係留船や岸壁などの陰などを狙うとよいです。

アジングのジグ単の釣り方

まず、狙うポイントへ仕掛けをキャストします。

アジングは遠投する必要はありません。

そもそも軽いルアーを遠投することは難しいです。

1gのジグヘッドであれば、10~20mほどキャストできます。

可能な範囲内でキャストすればOKです。


ルアーを狙うタナまで沈めます。

沈めば誘っていきます。

基本的には、ゆっくりのただ巻きでOKです。

目の前まで撒いてくれば、再びキャストします。

これを繰り返します。


もっとも重要なのは、アジが泳いでいるタナを見つけることです。

そのためには、表層から底まで幅広く探らなければなりません。

アジのいるタナがわかれば、そのタナを狙い続けます。

アジは群れで回遊するので、同じタナを狙えば連続ヒットする可能性が高いです。

アタリが遠のけば、再びアジのいるタナを探します。


ただ巻きでアタリがなければ、リフト&フォールで誘います。

ロッドを軽く上下に動かして、ルアーを持ち上げたり落としたりします。

誘ってはリールを巻くを繰り返します。


アタリは非常に繊細です。

一瞬竿先にコツンというものがあるだけです。

アタリかどうかわかりにくい場合が多いです。

そのため、違和感があれば合わせるとよいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。