サヨリの遠投カゴ釣り仕掛けと釣り方

サヨリの遠投カゴ釣り仕掛けと釣り方

堤防釣りの人気のターゲットであるサヨリ。

サヨリは、細長い魚体に尖った下アゴが大きな特徴の魚です。

比較的簡単に釣れるので、初心者にもおすすめです。

ここでは、サヨリの遠投カゴ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

サヨリの遠投カゴ釣りの仕掛け

サヨリは、遠投カゴ仕掛けで狙います。

サヨリが少し離れた場所を回遊している時におすすめです。

仕掛けは、次のとおりです。

サヨリの遠投カゴ釣り仕掛けと釣り方

竿

竿は1~2号の磯竿万能竿を使います。

長さは3~5mです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

2500~3000番がおすすめです。

道糸

道糸はナイロンの2号を使います。

カゴ

カゴはウキカゴを使います。

仕掛け

仕掛けは市販のサヨリ仕掛けを使います。

サヨリのサイズで選びます。

サイズの目安は、次のとおりです。

  • 20cm未満なら3号
  • 20cm以上なら4号
  • 25cm以上なら5号

※サヨリの遠投カゴ仕掛けには、カゴがセットになっているものがあります。

セットになっているものを使うと、釣りの準備が楽です。

サヨリは口が硬いので、替えバリを用意しておく必要があります。
スポンサーリンク

サヨリ釣りのポイント

サヨリがよく回遊してくるポイントは、潮通しのよい波止や岸壁です。

潮通しがよいと、エサがたくさん流れてくるのでサヨリが寄ってきます。

潮の流れに変化のあるポイントもおすすめです。

護岸の角などを狙うとよいです。

河口でも釣れます。

もっとも失敗がないのは、実績のあるポイントに釣りに行くことです。

事前に釣具店などで情報を入手しましょう。

サヨリの遠投カゴ釣りのエサ

サヨリの遠投カゴ釣りにはサシエとマキエが必要です。

サシエとは、ハリに刺して使うエサのことです。

サシエはアミエビイカの短冊を使います。

アミエビは尾羽根を取って、そこからハリを刺します。

イカはちょん掛けにします。

小さく切って使ってもOKです。

マルキューの「パワーイソメ」などの人工エサもおすすめです。

エサ持ちがよいです。


マキエとは、サヨリを寄せるために撒いて使うエサのことです。

アミエビサヨリ用の配合エサを混ぜて使います。

カゴには詰めすぎないようにします。

サヨリの遠投カゴ釣りの釣り方

まず、仕掛けを狙ったポイントへキャストします。

マキエでサヨリを寄せて釣るので、同じポイントにマキエを撒くようにします。

バラバラのポイントで撒くと、マキエの効き目が弱くなります。


キャストして着水すれば、仕掛けがまっすぐになるようにします。

仕掛けを手前に引っ張ります。

このようにすると、アタリが出やすく、手返しが早くなります。


必ずカゴが手前で、その向こうにカゴ下の玉ウキがきます。

逆になっていれば、仕掛けをキャストし直します。

カゴと玉ウキが離れていない場合も同様です。


アタリはいろいろあります。

玉ウキの動きで判断します。

アタリには次のものがあります。

  • ウキが入り込む
  • ウキが走る
  • ウキが止まる
  • サヨリが仕掛け周辺で跳ねる

どれかが見られればアタリです。

すぐにリールを巻きます。

一定の速さでゆっくり巻いてきます。


アタリはあるのにハリにかからない場合は、ハリを小さくするとよいです。

エサを小さくするのも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。