ライト泳がせ仕掛けでワラサ・イナダを狙う!釣り方やエサは?

ライト泳がせ仕掛けでワラサ・イナダを狙う!釣り方やエサは?

関東ではライト泳がせ釣りが人気です。

ワラサやイナダがよく釣れます。

ライトタックルなので、魚の引きを存分に味わうことができます。

ここでは、ライト泳がせ釣りの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

ライト泳がせの仕掛け

ライト泳がせの仕掛けは、次のとおりです。

ライト泳がせ仕掛けでワラサ・イナダを狙う!釣り方やエサは?

ロッド

ロッドは7:3~8:2調子のゲームロッドを使います。

40号のオモリに対応しているものです。

MHHといった張りのあるものが釣りやすいです。

長さは2m前後です。

リール

リールは小型の両軸リールを使います。

小型の電動リールでもOKです。

水深が50m以上の場合は電動リールがおすすめです。

道糸

道糸はPEの1.5~3号を使います

高切れを避けたいのなら3号がよいです。

幹糸

幹糸はフロロカーボンの6~8号を使います。

長さは1m前後です。

ハリス

ハリスはフロロカーボンの6~8号を使います。

長さは1m以内です。

長すぎるとオマツリしやすいです。

ハリ

ハリはヒラマサバリの14号前後を使います。

1本バリです。

親バリと孫バリを使ったヒラメ仕掛けでもOKです。

オモリ

オモリは40号を使います。

船で指示されることが多いです。

捨て糸を使ってもよいです。
スポンサーリンク

ライト泳がせのエサ

ライト泳がせのエサは生きたアジを使います。

アジの付け方はいろいろあります。

元気に泳いで外れにくいのは背掛けです。

鼻掛け口掛けにしてもOKです。

アジを付ける時は、できる限り弱らないように注意します。

生きたイワシが使われることもあります。

ライト泳がせの釣り方

まず、仕掛けを指示ダナの下限まで沈めます。

沈めば、置き竿でアタリを待ちます。

手持ちでもよいです。

アタリがなければ、タナを少し上げます。

指示されたタナの範囲内で探ります。


しばらく釣ってもアタリがなければ、エサをチェックします。

アジが弱っていれば、元気なアジに交換します。

弱ると喰いが悪くなるためです。


青物がやって来ると、アジが暴れ出します。

早合わせは厳禁です。

竿先が入り込むまで待ちます。

入り込めば、しっかり合わせます。

ワラサぐらいになると、引きは強烈です。

無理をしないようにやり取りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。