テンヤスミイカの仕掛けと釣り方

テンヤスミイカの仕掛けと釣り方

東京湾ではスミイカ釣りが人気です。

伝統釣法の1つとしてテンヤスミイカがあります。

テンヤを誘い続けて釣ります。

1度やればハマること間違いなしです。

ここでは、テンヤスミイカの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

テンヤスミイカの仕掛け

テンヤスミイカの仕掛けは、次のとおりです。

  テンヤスミイカの仕掛けと釣り方

竿

竿はテンヤスミイカ専用竿を使います。

専用竿は胴に張りのある8:2調子の竿です。

2.1~2.4mと長めになっています。

長い方がシャクリやすいためです。

代用するなら、カワハギ竿柔らかめのヤリイカ竿がおすすめです。

リール

リールは小型の両軸リールを使います。

道糸

道糸はPEの1.5~2号を使います。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの4~5号を使います。

長さは1.5m前後です。

エダス

エダスもリーダーと同じものを使います。

テンヤの40~50cm上がおすすめです。

長さは15cm前後です。

スッテ

スッテはウキスッテを使います。

8cm前後の魚型などがおすすめです。

ピンク系・オレンジ系・ブルー系が人気です。

テンヤ

テンヤはスミイカテンヤを使います。

オモリは20~25号です。

釣り船でオリジナルのテンヤを販売していることがあります。


※オマツリが多い場合はスッテを付けない方がよいです。
スポンサーリンク

テンヤスミイカのエサ

テンヤスミイカのエサは生きたシャコです。

そのため、テンヤスミイカはシャコテンヤとも呼ばれています。


テンヤへの付け方は、次のようにします。

尾羽根に三角の切り込みを入れます。

その部分からテンヤの竹串をまっすぐ刺していきます。

いっぱいまで刺せば、頭を輪ゴムで固定します。

しっかり固定しておかないと外れてしまいます。

初心者は、船長に付け方を教えてもらうとよいです。

テンヤスミイカの釣り方

スミイカは底付近にいます。

そのため、底付近を狙わないと釣れません


まず、仕掛けを底まで沈めます。

沈めば、竿先を水平よりも少し下に向け、糸ふけを取ります。

ここから誘っていきます。

左手はリール付近、右手は竿の胴部分を持ちます。

リールを支点として、右手で竿をシャクり上げます。

40~50cmほどシャクり上げればOKです。

シャクリ上げた後少し止め、その後テンションフォールでゆっくり落とし込みます。

テンションフォールとは、道糸を張った状態で沈めていくことです。

着底すれば、道糸を張らない状態で5~10秒ほどアタリを待ちます。

基本的にはこれを繰り返します。


アタリがなければ、キャストして広範囲を探るとよいです。

初心者は、釣りに慣れるまでキャストしない方がよいです。

トラブルの原因となるためです。


シャクり上げた時に重みを感じれば、スミイカが乗っています。

あとは、一定の速さでリールを巻き続けます。

道糸が緩むとバレるので注意が必要です。


テンヤスミイカは、シャクリの釣りと言われています。

釣れなくても、諦めずにシャクり続けることが重要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。