中深海五目(エサ釣り)の仕掛けと釣り方

中深海五目(エサ釣り)の仕掛けと釣り方

相模湾などでは中深海五目が人気です。

五目釣りというだけあって、いろいろな深海の魚が釣れます。

釣れる魚全部がおいしいと言っても過言ではありません。

初心者が深海釣りを始めるのにぴったりです。

ここでは、中深海五目の仕掛けと釣り方についてご紹介します。

中深海五目とは

中深海というのは200~300m前後の水深のことです。

ただし、明確に定まっているわけではありません。

中深海五目とは水深200~300m付近で釣れる魚を狙っていく釣りと考えればよいです。

よく釣れるのは、主に次の魚です。

  • アカムツ
  • アラ
  • キンメ
  • クロシビカマス(スミヤキ)
  • クロムツ
  • カサゴ系
魚種は、釣り場や時期によってかなり変わります。
スポンサーリンク

中深海五目の仕掛け

中深海五目の仕掛けは、次のとおりです。

中深海五目(エサ釣り)の仕掛けと釣り方

竿

竿は、7:3~8:2調子の中深海用の竿を使います。

150~200号のオモリに対応しているものです。

長さは2~2.4mです。

他には、青物竿やビシアジ竿、イカ竿でもOKです。

リール

リールは中型の伊電動リールを使います。

サイズはダイワなら500番、シマノなら3000番がおすすめです。

道糸

道糸はPEの4~5号を使います。

400m以上巻いておきます。

幹糸

幹糸はフロロカーボンの10~12号を使います。

エダス

エダスはフロロカーボンの7~8号を使います。

長さは50~60cmです。

エダスの間隔は120~130cmです。

ハリ

ハリはムツの16~17号を使います。

3~8本バリです。

捨て糸

捨て糸はフロロカーボンの5~6号を使います。

長さは100~150cmです。

オモリ

オモリは150~200号を使います。

船で指定されることが多いです。


※道糸と幹糸の間にイカ用のヨリ取りリングを付けてもOKです。

アピール度を高めるため、タコベイトを付けることもあります。

中深海五目のエサ

中深海五目のエサはサバの切り身を使います。

切り身は2cmX15cmほどの大きさにします。

縫い刺しにします。

皮側から刺して皮側に針先を出します。

ちょん掛けでは外れやすいです。

中深海五目の釣り方

まず、仕掛けを底まで沈めます。

仕掛けが着底すれば、糸ふけを取ります。

底から1m上げて、しばらくアタリを待ちます。

アタリがなければ、竿を大きくシャクり上げて下げます。

その後、そのままアタリを待ちます。

ここまでが基本的な釣り方です。


数回誘いを入れても魚が喰ってこなければ、底を取り直します。

底の状況は常に変化しています。

適度に底を取り直さないと、根掛かりしたり、仕掛けが底から離れすぎることがあります。

底を取り直すことでよい誘いにもなります。

たまに、仕掛けを10~20mほど巻き上げて落とし直すと効果的です。


アタリがあればしっかり合わせます。

アタリはコツンと竿先に出ることもありますが、竿先が重くなったように感じるだけのこともあります。

アタリがあったと感じれば、とりあえず合わせるとよいです。

ハリ掛かりすれば、中速で巻き上げます。

道糸を緩めるとバレやすいので注意します。


この釣りは追い喰いを狙えます。

追い喰いを狙うのなら、1匹目が掛かってもすぐには巻き上げません。

そのタナでしばらく待つか、ゆっくり5mほど巻き上げるとよいです。

カケサガリの場合は、ゆっくり底まで沈めていくとよいです。

あまりにも粘りすぎると、針掛かりした魚がバレてしまうことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。