カレイのちょい投げ仕掛け!釣り方と時期は?

カレイのちょい投げ仕掛け!釣り方と時期は?

冬の投げ釣りと言えば、カレイ釣りが人気を集めています。

寒い時期は釣れる魚の種類が少ないだけに、貴重なターゲットと言えます。

カレイ釣りは、遠投して釣るというイメージが強いです。

しかし、ちょい投げでも十分狙えます。

ここでは、カレイ釣りの仕掛けと釣り方・時期についてご紹介します。

カレイ釣りの時期

カレイ釣りの時期は秋~春までです。

地域によって差はありますが、10~5月頃まで釣れます。

よく釣れるのは12~2月頃です。

寒いので、防寒対策は万全に行わなければなりません。
スポンサーリンク

カレイのちょい投げ仕掛け

カレイのちょい投げ仕掛けは、次のとおりです。

カレイのちょい投げ仕掛け!釣り方と時期は?

竿

竿は投げ釣り用竿を使います。

ちょい投げ用でもOKです。

長さは3m前後です。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2000~3000番がおすすめです。

道糸

道糸はナイロンの2~3号を使います。

100~150mほど巻いておけばよいです。

テンビン・オモリ

テンビンは片テンビンを使います。

オモリはナス型の4~6号です。

遠投したい場合は、ジェットテンビンを使うとよいです。

10~15号前後がおすすめです。

仕掛け

仕掛けは、ちょい投げ用またはカレイ用を使います。

ハリのサイズは10~12号がおすすめです。

2本バリでよいです。

カレイ釣りのポイント

カレイ釣りは、堤防や砂浜などから行うことができます。

ちょい投げは遠投しないので、堤防からの釣りがおすすめです。

おすすめのポイントは、カケアガリシモリなどの障害物周辺です。

仕掛けを引いてきて重くなったところがカケアガリです。

意外と近くでも釣れます。

捨て石の際船道を狙うとよいです。

カレイ釣りのエサ

カレイ釣りのエサはアオイソメマムシがおすすめです。

アオイソメは房掛けにします。

ボリュームでアピールします。

マムシは通し刺しにします。

タラシは3cmほどです。

カレイのちょい投げの釣り方

まず、仕掛けをキャストします。

底まで沈めます。

着底すれば、糸ふけを取って置き竿でアタリを待ちます。


アタリがなければ、竿をシャクッて誘います。

あるいは、リールを巻いて仕掛けを移動させます。

カケアガリがあればそこで止めます。

しばらくアタリを待ちます。


アタリは竿先に出ます。

竿先が何度も締め込まれます。

カレイ釣りでは早合わせはしない方がよいです。

しっかり喰わせてから合わせた方が確実です。

合わせた後、重みを感じれば掛かっています。

あとは、道糸のテンションを緩めないようにして巻き上げます。

カレイを抜き上げようとすると、すっぽ抜けることがあります。

網ですくうとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。