イカメタルのタックルと釣り方

イカメタルのタックルと釣り方【入門】

船からのケンサキイカ釣りが大人気です。

イカメタルを行う釣り人が増えています。

それほど難しい釣りではありません。

これからイカ釣りに挑戦したいという初心者におすすめです。

ここでは、イカメタルのタックルと釣り方についてご紹介します。

イカメタルとは

イカメタルとはどのような釣りなのでしょうか?

イカメタルは、メタルスッテと呼ばれるオモリ付きのスッテを使って釣ります。

メタルスッテを仕掛けの1番下に付けます。

その上にエダスを出して、ドロッパー(エギやウキスッテなど)を付けることもあります。

胴付き仕掛けのようなイメージです。


仕掛けを狙うタナまで沈めて誘います。

イカの繊細なアタリを取って掛けていきます。

非常にゲーム性が高い釣りです。


ターゲットとなるイカはいろいろな種類があります。

ケンサキイカ・ヤリイカ・スルメイカなどです。

もっとも人気が高いのはケンサキイカです。

アオリイカはターゲットとはなりません。
スポンサーリンク

イカメタルの時期

イカメタルの時期は、ターゲットとなるイカの種類によって異なります。

ここでは、ケンサキイカの時期についてご紹介します。

釣りは、主に初夏から秋まで楽しめます。

6~10月頃です。

ベストシーズンは8~9月となっています。

地域によって、時期が異なることがあります。


初夏は、パラソルサイズの大型が狙えます。

8月になると、小型の数釣りが楽しめます。

イカメタルのタックル(ロッドやリールなど)

イカメタルの仕掛けは、主に3種類あります。

一つスッテ・オバマリグ・オモリグです。

一つスッテは、メタルスッテのみを使った仕掛けです。

オバマリグはドロッパーを使った仕掛けで、現在の主流となっています。

オモリグは、長いハリスの先にエギを付ける仕掛けです。

オモリグは、一つスッテ・オバマリグとはタックルが異なります。

別記事でご紹介します。


イカメタルのタックルは次のとおりです。

イカメタルのタックルと釣り方【入門】

ロッド

ロッドはイカメタル専用ロッドを使います。

専用ロッドは、非常に感度のよい穂先を持っています。

長さは5.6~7フィートです。

リール

リールは小型のベイトリールを使います。

カウンター付きを使うと、アタリのあったタナを把握しやすいです。

スピニングリールでもよいです。

ライン

ラインは、PEの0.4~0.8号を使います。

1mごとにマーキングが付いたものがおすすめです。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの2~2.5号を使います。

長さは2mです。

ドロッパー

ドロッパーにはエギウキスッテが使われます。

1.5~2.5号が使われます。

イカのサイズに合わせます。

メタルスッテ

メタルスッテは10~20号を中心に使います。

基本的には、タナの水深によって選びます。

タナが深いほど重いものが必要です。

イカメタルの釣り方

まず、仕掛けを指示されたタナの下限まで沈めます。

沈める際はサミングします。

サミングとは、指でラインの放出量を調整することです。

タナは、ラインの色やマーキングで判断します。

リールのカウンターは目安にはなりますが、必ずしも正しいとは限りません。

沈めている最中にアタリが出ることもあります。

沈めたら、少しの間ステイして様子をみます。

うまくいけば、この時に乗ってくることがあります。


アタリがなければ、誘いを入れていきます。

一つスッテの場合は、軽くシャクるだけでよいです。

ワンピッチジャークで3回誘ってステイします。

ドロッパーを付けている場合は、仕掛けをゆっくり大きく持ち上げてフォールさせます。

フォール後にステイです。

連続で何回かシェイクし、その後ステイさせてもOKです。


誘った後は、必ずステイさせることが重要です。

誘いっぱなしではイカが乗る間がないためです。


アタリがあれば即合わせです。

合わせないと掛かりません。

合わせは、手首を鋭く返すだけでよいです。

強めに大きく合わせると、足切れしてしまうおそれがあります。


アタリはいろいろあります。

穂先が押さえ込まれたり、浮き上がったりなど。

怪しいと感じれば、すべて合わせてみるとよいです。


イカが掛かれば、ラインのテンションを緩めないようにします。

イカが引いている時は、リールを巻かずにそのまま耐えます。

引かなくなれば巻き始めます。

一定の速さでゆっくり巻き上げるとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。