アカムツジギングの仕掛けと釣り方

最近、中深場での釣りの人気が高いです。

中でも、アカムツを狙う釣り人が多いです。

エサでも釣れますが、ジギングで狙うのが面白いです。

ここでは、アカムツジギングの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

アカムツジギングの時期

アカムツは年間を通して釣ることが可能です。

ただし、釣りやすい時期とそうでない時期があります。

4~11月は比較的釣りやすいです。

特に、7~9月は浅場で釣れるのでおすすめです。

逆に、寒い時期は深場に移動するので釣りにくくなります。

スポンサーリンク

アカムツジギングの仕掛けは?

アカムツジギングは、スローピッチジャークジギング(スロジギ)で行います。

釣り場にもよりますが、水深200m前後で釣ることが多いです。


仕掛けは次のとおりです。

アカムツジギングの仕掛けと釣り方

ロッド

ロッドはスロジギ専用ロッドを使います。

300gのジグに対応したものがおすすめです。

長さは2m前後です。

リール

リールはパワーのある両軸リールを使います。

ジギング用でOKです。

PEの1.5号が300m以上巻けるサイズがおすすめです。

ライン

ラインはPEの1~1.5号を使います。

300m以上巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの6~8号を使います。

長さは2m前後です。

ラインとはFGノットなどで結びます。

ジグ

ジグはスロジギ用を使います。

ジグの重さは200~300gがよく使われます。

重さは、状況などによって変わります。

カラーは、ゴールド系・シルバー系・ゼブラ系がおすすめです。

フック

フックは、フロント・リアともにダブルをセットします。

サイズはどちらも3/0がおすすめです。

アカムツジギングの釣り方

まず、ジグを底まで沈めます。

沈める際はサミングします。

サミングとは、親指でスプールを押さえてラインの放出量を調整することです。

このようにすることで、糸がフケるのを防ぐことができます。


着底後、糸フケを取って誘い始めます。

ゆっくり誘ってフォールで喰わせます。

シャクリ幅50cmで1回シャクッた後、リールのハンドルを1/4回転させながらロッドを元の位置に戻します。

その都度、ジグを持ち上げてフォールさせます。

これを繰り返します。

底から3m上まで誘ってくると、再度底まで沈め直します。


大きくシャクりすぎるとよくないです。

ジグが沈む際に真横を向いてしまうためです。

これでは喰いが悪くなってしまいます。

シャクッた後、ジグがスライドしながら斜め下45度の方へ沈んでいくようにします。


リールを巻く量は底の地形によって変わります。

カケアガリになっていれば1/2回転、カケサガリになっていれば1/8回転など。

巻く量を変えて、ジグが底を引きずったり、離れすぎたりしないようにします。

この調整をしないと、アカムツが喰わなくなります。

MEMO
シャクる際は、グリップエンドを肘に当てるとよいです。

そのようにすると、シャクりやすいです。


アカムツはフォールで喰ってくることが多いです。

アタリがあれば、軽く合わせます。

フッキングすれば、海面の方へ竿先を下げて巻き上げていきます。

巻く速さはゆっくりで一定がおすすめです。

ポンピングはNGです。

アカムツが浮いてきたら、網ですくいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。