【メバル】釣りの時期は?旬・産卵はいつ?

メバルの時期!釣り・旬・産卵は?

メバルは、根魚の中でかなり人気の高い魚です。

おかっぱ理からでも船からでも比較的簡単に釣ることができます。

メバルを専門に釣りに行く人が多いです。

食べてもおいしいです。

ここでは、メバル釣りの時期・時間帯、旬の時期・産卵の時期についてご紹介します。

メバルとは

メバルは、カサゴ目フサカサゴ科に属する魚です。

漢字では「目張」や「眼張」と書きます。

文字どおり、目が大きいです。

そのため、視力がよいです。

春になると釣れるので、「春告魚(はるつげうお)」と呼ばれています。

「クロメバル」「シロメバル」「アカメバル」の3種類がいます。


メバルは、北海道から九州までの岩礁帯などに生息しています。

夜行性のため、夜になるとエサを求めて表層付近まで浮いてきます。

日中は障害物などに身を潜めています。

体長が35cmを超える個体もいます。

背びれ部分に毒を持っているので注意が必要です。

肉食性で、多毛類・甲殻類・小魚などを捕食します。
スポンサーリンク

メバルの釣り方

メバルはおかっぱりからでも船からでも釣ることができます。

ルアーへの反応がよいので、ルアーを使った釣りが人気となっています。

この釣りのことをメバリングと言います。

メバリングは主にワームを使った釣りです。

おかっぱりからでも船からでも行えます。


エサ釣りも人気があります。

おかっぱりからは電気ウキを使った夜釣りが人気です。

船釣りでは、胴突き仕掛けを使って釣ることが多いです。

メバル釣りの時期と産卵時期

メバルは、年間を通して釣ることができます。

ただし、よい時期とそうではない時期があります。


おかっぱりからは、接岸してくる9月頃から釣れ出します。

産卵の時期は12~1月頃で、その時期はあまり喰わなくなります。

産卵前の荒喰いの時期(10~11月頃)がよく釣れます。

小型が多いですが、良型も交じります。


産卵後は、体力回復のために食欲がアップします。

その結果、早春になるとメバルがよく釣れ出します。

3~5月頃はメバル釣りのもっとおすすめの時期となります。

大型も釣れます。

メバル釣りの時間帯

メバルは夜行性のため、夜釣りが適しています。

日中障害物に隠れていたメバルは、夜になると浮いてきます。

そのメバルは活性が高いので釣りやすいです。

朝夕マズメはおすすめの時間帯です。

ただし、日中も釣れないわけではありません。

メバル釣りの旬の時期

メバルの旬は、体内に栄養がたっぷり蓄えられている時期です。

それは荒喰いし始めてから産卵するまでの時期です。

産卵の時期は個体によって差があります。

10~2月頃に食べるともっともおいしいです。

ただし、地域によって産卵の時期が異なります。

そのため、旬の時期も変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。