太刀魚のテンヤ釣りで使うリールのおすすめについてご紹介しています。

リールは、手巻きリールでも電動リールでも構いません。

好みで選べばよいです。

太刀魚釣り リール  


手巻きリールなら、スピニングリールよりも両軸リールの方が操作しやすいです。

私は、手巻きリールではなく、電動リールを使っています。

エサの状況を確認するたの空巻き上げは、電動リールの方が楽です。

手返しの面で、大きなメリットがあります。
 

実際、乗合船で釣りに行くと、ほとんどの人が電動リールを使っていました。

たまたまかもしれませんが。

水深が比較的深いポイントでは、電動リールの方が断然よいです。

私は、他の釣りでも使っているダイワの300サイズ(シーボーグ300FB)で釣っています。

太刀魚専用に使うのなら、もう少し小さなリールでも構いません。

200サイズでも十分使えます。

シーボーグ200Jやシーボーグ300Jがピッタリです。


 

シマノの電動リールなら、「フォースマスター400/401」「プレイズ400」が軽くて使いやすいです。

このリールもよく使われています。


 

道糸は、PE3~5号を使います。

最低200mぐらいは巻いておきたいです。

太刀魚の歯は鋭いので、道糸が切られてしまう恐れがあります。

多めに巻いておかないと、切られたらその後釣りをすることができません。

それに寒くなるにつれて、太刀魚の棚が深くなっていきます。

100mしか巻いていないと、釣りにならないかもしれません。
 
スポンサーリンク