太刀魚のテンヤ釣りにおすすめの竿についてご紹介しています。

太刀魚のテンヤ釣りの人気がどんどん上がるにつれ、各釣り具メーカーからいろいろな竿が出されるようになってきました。

どれにするのか迷ってしまいます。

太刀魚釣り テンヤ釣り  


太刀魚のテンヤ釣りには、一般的に先調子の竿が使われます。

胴調子の竿は、誘いをかけたり、即合わせするには不向きだからです。

竿が真ん中から曲がってしまうためです。

そのため、8:2または7:3が使いやすいです。

長さは、2m前後がおすすめです。
 

竿の柔らかさにも注意しなければなりません。

好みで選ぶという方法もありますが、状況に応じて選んだ方がよいです。
 

<硬い竿がよい時>

硬い竿は、掛け調子です。

活性が高い時におすすめです。

食ってきた太刀魚に掛けまくればよいのです。

深いポイントを攻める時に重宝します。
 

<柔らかい竿がよい時>

柔らかい竿は、食わせ調子です。

活性が低い時に威力を発揮します。

いかに違和感なく食わせるかに重点が置かれています。

浅いポイントを攻める時には、柔らかい竿の方がよいです。
 

これらを踏まえた上で竿を探します。

太刀魚のテンヤ釣りには、専用ロッドを使うのがよいです。

専用ロッドなら、調子や長さなどが最適になっていますからね。

それに、軽量で釣りやすいように作られています。
 
スポンサーリンク



次の竿がおすすめです。

 

 
 
 
 

もちろん、太刀魚釣り専用の竿でなくても釣りはできます。

他の竿でも代用は可能です。

代用できる竿として、先調子の船竿ライトジギングロッドがあります。

船竿のオモリ負荷は30~50号、長さ2.4~3mぐらいがよいです。

あまり硬すぎると、当たりが取れませんので注意してください。
 
スポンサーリンク