メバルの穴釣りの釣り方についてご紹介しています。

メバルの穴釣りは、主にテトラ帯や岩礁帯などで人気の釣りです。

潮通しがよく、ベイトが多いポイントがおすすめです。

この釣りは、こまめにポイントを移動しなくては数が釣れません。

いかに、多くの穴を探れるかで釣果が決まります。

メバル釣り  


では、穴釣りはどのようにして行えばよいのでしょうか?

まずは、メバルがいそうなポイントを探します。

ずっと釣りを続けていると、どこにいそうか概ねわかるようになります。

過去に、釣れた穴に別のメバルがいることもよくあります。

ポイントが決まれば、仕掛けをその穴に落とし込みます。

底まで沈めると糸ふけを取ります。
 

糸をピンと張った状態にしておきます。

ピンと張っておかないと、メバルが食ってもわかりません。

穴釣りは、メバルが食えば、すぐに合わせて巻き上げなければなりません。

そうしないと、メバルがもっと深くに潜ってしまって、引き上げられなくなってしまいます。

そうならないように、一気に引き上げなければならないのです。
 

アオイソメなどの生きた虫をエサにする場合は、特に誘いをかける必要はありません。

たまに軽くシャクる程度で十分です。

ワームは、何らかの誘いをかけないと、メバルが食ってくれません。

適度に竿先を上下に動かして誘い、その後しばらく止めて様子を見ます。
 

当たりがあればすぐに合わせます。

失敗を恐れてはいけません。

まったく当たりがなければ、次のポイントを探して移動します。
 

釣り自体は非常に簡単なので、初心者や女性にもおすすめです。

ただ、足場が悪いところもありますので、注意しないといけません。
 
スポンサーリンク