メバリングの仕掛けには、ジグヘッドとワームの組み合わせが使われます。

ジグヘッドとは、フック部分とオモリ部分から構成されています。

フック部分にワームを刺します。
 

メバリングでは、0.5~2gのジグヘッドが使用されます。

重さは、釣りに行く場所や海の状況などによってさまざまです。

そのため、同じ日の同じ場所で釣っていても、重さを変えないといけないこともあります。

メバリング ジグヘッド  


では、どのようにしてジグヘッドの重さを選べばよいのでしょうか?

ジグヘッドは軽いほど、食いがよくなります。

そのため、できるかぎり軽いものを使いたいという釣り人が多いです。

食いが渋い時は、0.5g0.7gのジグヘッドがおすすめです。

ただ、軽いので、飛距離が出にくいという難点があります。
 

1gのジグヘッドは、食い込み・飛距離共に平均的です。

メバリングでよく使われる重さのジグヘッドです。

1gを使ってみて、重くするのか、軽くするのかを判断する人もいます。

このジグヘッドが、1つの目安になります。
 

もっと広範囲に探るためには、遠くに投げなければなりません。

飛距離をアップするためには、ジグヘッドを重くする必要があります。

重くすれば、風にも強くなります。

飛距離をアップしたい時は、1.5g2gのジグヘッドをジグヘッドを使います。

ただ、重くなればなるほど、食いが落ちる傾向にあります。
 
スポンサーリンク



重さ以外で気を付けないといけないのが、形状です。

主な形状には、3種類あります。


ラウンドジグヘッド

ラウンドジグヘッドは、浮き上がりやすいという性質を持っています。

そのため、中層から表層までの釣りに適しています

また、ワームが大きく揺れるので、メバルへのアピール度が大きいです。

ラウンドジグヘッド  


 


バレット型ジグヘッド

万能型のジグヘッドです。

深場から表層まで、どのような棚でも攻めることができます。

レンジキープする釣りにもってこいです。

バレット型ジグヘッド  


 


矢じり型ジグヘッド

ラウンドジグヘッドは、浮き上がりにくいという性質を持っています。

そのため、深場を攻めるのに適しています。

メバルに大きくアピールできます。

矢じり型ジグヘッド  


 

釣りはじめは、ラウンドジグヘッドで様子を見て判断すればよいです。
 

ジグヘッドは、主に重さや形状で選ばれることが多いです。

これらのメリットとデメリットを知った上で、どのジグヘッドにするのかを決めればよいです。

そのため、いろいろなサイズのジグヘッドを用意しておく必要があります。
 
スポンサーリンク