メバリングで一般的に使われているラインには、PE・ナイロン・フロロカーボン・エステルの4種類があります。

それぞれには、メリットとデメリットがありますので、きっちりと把握しておく必要があります。

2016y10m21d_145525538  




PE

最近、メバリングで使用する人が多いです。

強度があって伸びにくいです。

そのため、当たりが明確に手に伝わってきますので、繊細な当たりも逃しません。

飛距離が出やすいですが、風の影響を受けやすいという性質があります。

0.2~0.4号が適しています。

 



ナイロン

強度があって飛距離が出やすいという性質があります。

このようなメリットがある反面、大きなデメリットもあります。

伸びやすいので、その分感度が鈍くなってしまいます。

そのため、当たりがわかりづらいです。

2~4lbが適しています。

 



フロロカーボン

フロロカーボンには、根ズレに強いという性質があります。

そのため、リーダーに使われることが多いです。

伸びにくいので、感度はよいです。

ただ、張りがあるため絡まってしまう可能性があります。

2~4lbが適しています。

 



エステル

伸びないので、感度がよいという性質があります。

しかし、瞬間的な力には弱く、最悪切れてしまうことがあります。

0.2~0.4号が適しています。

 


一概には、どのラインがよいとは言えません。

それぞれが、メリットとデメリットを知った上で決めればよいです。

状況に応じて、使い分けるのがベストです。

ただ、初心者がいきなり使い分けるのは難しいと思います。

初心者は、まずPEかフロロカーボンのどちらかを選んだ方がよいです。
 
スポンサーリンク

 

メバルの関連記事
  • メバル釣り
    メバルの穴釣り(テトラなど)の釣り方
  • ブラクリ 穴釣り 仕掛け
    メバル釣りの穴釣り仕掛け(ロッド・リールなど)
  • メバリング ジグヘッド
    メバリングにおけるおすすめのジグヘッドの重さと形状は?
  • メバリングでおすすめのラインと号数は?
  • リール 
    メバリングリールのサイズは?選び方は?
  • メバリング
    メバリングロッドの選び方は?【初心者でもわかる】
おすすめの記事