メバル釣り(メバリング)の釣り方と時期・時間帯についてご紹介しています。

メバル釣りは、堤防などの陸っぱりからの釣りと船からの釣りに分けられます。

さらに、それぞれについてエサ釣りとルアー(ワーム)釣りに分けられます。

人気の高いターゲットだけに、釣り方はいろいろあります。

メバル釣り


釣り メバル釣り(メバリング)の釣り方

【陸っぱり】

堤防でのメバリングの人気が非常に高いです。

メバリングの登場により、メバル釣りの注目度がさらにアップしました。

他にも、テトラや岩の隙間を狙う穴釣りウキ釣りをする人も多いです。

エサ釣りも、まだまだ人気があります。
 

【船】

ルアー(ワーム)釣りの人気は、船釣りでも見られます。

船でのメバリングだけではなく、メバルの胴突き釣りにワームが用いられるようになりました。

エサ釣りではクロメバルだけではなく、沖メバルを狙う人もいます。


釣り メバル釣り(メバリング)の時期と時間帯

メバルは、年中釣ることができます。

ただ、よく釣れる時期とそうでない時期があります。

メバルは、9月ぐらいから岸に近づいてきます。

堤防などでメバルを釣るのは、これ以降でないと厳しいです。

最盛期は、11月下旬から2月下旬です。

寒い時期に釣れる魚というイメージのとおり、冬から春にかけてよく釣れます。
 

また、メバル釣りをするのに適した時間帯はいつなのでしょうか?

メバルは夜行性のため、夜に釣るのがよいです。

夜になると、表層付近を回遊することもあるなど、活発にエサを求めて動き回るようになります。

夜がもっとも釣りやすいいです。

朝夕マズメは、最高の時間帯になります。
 
スポンサーリンク