ロックフィッシュ釣りで使うリールのおすすめの選び方についてご紹介しています。

リールを選ぶ際に気を付けないといけない点があります。

それは、対象魚と釣り方です。
 

それぞれについて、具体的に見ていきます。

リール

海釣り 対象魚でリールを選ぶ

ライトロックフィッシュ釣りに使うのか、ハードロックフィッシュ釣りに使うのかによって変わってきます。

対象魚の大きさが違い過ぎます。

同じリールでもできなくはないかもしれませんが、それぞれの釣りに適したリールを用意した方がよいです。
 

ライトロックフィッシュ(メバルやカサゴなど)を狙う場合は、小~中型のリールがおすすめです。

1000~2000番がピッタリです。

一方、ハードロックフィッシュ(キジハタやクエなど)を狙う場合は、少し大きめのリールがおすすめです。

2000~3000番がピッタリです。

小型から大型まで狙いたいのなら、2000~2500番がよいです。

スポンサーリンク

海釣り 釣り方でリールを選ぶ

釣り方によっても、使うリールが変わってきます。

穴釣りの場合は、スピニングリールでもベイトリールでも問題ありません。

穴釣りとは、堤防などからテトラや岩の隙間を狙って釣り方法です。

ロックフィッシュ釣りの定番とも言える釣り方です。

穴釣りは、隙間に仕掛けを落とし込むだけなので、大きいリールは使いません。

1000~2000番がよいです。
 

一方、ルアー釣りやや大きめスピニングリールが使いやすいです。

ルアー釣りは、仕掛けをキャストして誘いながら巻いてきます。

ベイトリールを使うと、初心者はキャストの際にバックラッシュしてラインが絡まってしまうことが多いです。

バックラッシュがないスピニングリールの方が安心です。

2000~3000番がよいです。

このようにリールを選ぶ際には、対象魚と釣り方を考慮すると、失敗する可能性が低くなります。
 

もう1つ気を付けることがあります。

安価なリールに手を出さないことです。

できるだけ釣具の購入にはお金をかけたくないという人もいるかもしれません。

気持ちはわかりますが、安価なリールはおすすめしません。
 

巻き取りの際にハンドルがスムーズに回らなかったり、重かったりと、非常に釣りにくい場合があります。

しかも、リール本体が重かったり、耐久性の面で難があったりするものもあります。

これでは、釣果にも影響が出てしまいます。

あまりよいことはありません。

最低でも、1万円前後のリールを購入した方がよいです。


海釣り ロックフィッシュリールのおすすめ


 
 
 
 
 
スポンサーリンク