投げ釣りは、防波堤や砂浜(サーフ)などで行われます。

サビキ釣りと並んで、よく知られている釣り方です。

仕掛けを投げるため、初心者には難しい釣り方という印象を与えてしまっています。

しかし、少し練習すればできるようになります。
 

投げ釣りでは、いろいろな魚が釣れます。

もっとも有名なのは、シロギスカレイです。

シロギスやカレイを釣るために、投げ釣りを始めたという人も多いです。

他にも、アイナメカサゴメゴチベラなどを狙うことができます。

スポンサーリンク


海釣り 投げ釣りの仕掛け

投げ釣りの仕掛けには、いろいろなものがあります。

天秤の種類や天秤の付け方で、まったく異なった仕掛けが出来上がります。
 

次の仕掛けは、その中でも人気が高いものです。

げ釣り 仕掛け  

海草天秤の遊動式の仕掛けです。

魚が食うと、スナズリの上のサルカンが天秤の下の輪を抜けていくように作られています。

そのため、魚が違和感を抱くことなく、食ってくれます。
 

投げ釣り 仕掛け  


海草天秤の固定式の仕掛けです。

この仕掛けは絡みづらいので、キャストに最適です。
 

投げ釣り 仕掛け  

もっともポピュラーなジェット天秤を使った仕掛けです。

障害物が多く、根がかかりしやすい場所でも重宝します。
 

竿は、遠投用に作られた投げ専用の竿を使います。

他の竿でもできなくはありませんが、飛距離が出なかったり、破損してしまったりする可能性があります。

長さは4m前後で、25~30号の竿を用意します。
 

リールについても、投げ専用のリールをおすすめします。

道糸がスムーズに出ていき、耐久性があります。

安物のリールでは、飛距離は出ませんし、すぐ壊れてしまいます。
 

道糸は、ナイロンでもPEでも構いません。

キスやカレイを釣るのなら、次のような号数がおすすめです。

キス:PE 0.8~1号、ナイロン 1.5~2号

カレイ:PE 1.5~2号、ナイロン 2~3号
 

道糸が細い場合には、力糸を使用します。

力糸を使うと、道糸の切れ防止になります。
 

天秤はいろいろありますが、基本は上の2種類で何とかなります。

重さは、10~30号が多いです。

潮の速さなどで変わってきます。
 

スナズリは、ハリスが天秤のリングで擦れて切れるのを防止します。

必ず付けないといけないものではありません。

スポンサーリンク


投げ釣り(遠投)の釣り方

海釣り 投げ釣りのエサ

主に虫エサが使われます。

オキアミなどは、遠投の際に外れてしまう危険性があります。

虫エサでは、アオイソメイシゴカイが定番になっています。

キス釣り:アオイソメ、イシゴカイ、チロリ、ジャリメなど

カレイ釣り:マムシ、アオイソメ、コガネムシ、ユムシ、ボケなど
 

ターゲットや釣りに行く場所によっても、かなり変わってきます。

事前に調べておいた方がよいです。

投げ釣り 仕掛け 釣り方


海釣り 投げ釣りの釣り方

まず、仕掛けを遠投します。

仕掛けが着底したら、糸ふけを取ります。

ここからは、若干ターゲットによって異なるかもしれません。
 

キス釣りは引き釣りが基本なので、着底後から仕掛けを引いては止めてを繰り返しながら、当たりがあるのを待ちます。

一方のカレイ釣りは、基本は置き竿でよいです。

あまりエサを動かし過ぎると、食わないことが多いです。

当たりがない時は、仕掛けを引いてきて、別の場所を探ります。
 

両方の釣りに共通するのは、どちらもかけ上がりなど海底に変化があるところを好みますので、そういった場所を狙うことです。

仕掛けを引いてきて、急に重く感じた場合は、かけ上がりに到達した可能性が高いので、その場所でしばらく当たりを待つとよいです。
 

当たりがなければ、仕掛けを回収し、エサの状況を確認します。

エサが取られているようなら、もう1度同じポイントに投げてみましょう。

エサが取られていなければ、別のポイントを探るとよいです。

それでも、釣れない時は、引く速さや止めている時間などを変えてみたり、大きさの異なる針に交換してみます。

他のエサを使うのもよいかもしれません。
 

あまり人がいないようなら、複数の竿を準備して、投げる距離・方角を変えて、いろいろ投げ分けてみるとよいです。

当たりがあれば、そのポイントを集中的に攻めると釣果アップにつながります。