海釣り 遠投(投げ)サビキ釣り仕掛け

遠投(投げ)サビキ釣りの基本的な仕掛けなど一式をご紹介しています。

この仕掛けは、岸から離れたところを泳いでいる魚を釣るのに適しています。

目の前に魚が泳いでいない時に有効です。

遠投(投げ)サビキ釣り仕掛け

 
遠投(投げ)サビキ釣り仕掛け

 

基本的には、「サビキ釣り仕掛け」で説明したのと同じです。

磯竿やコンパクトロッド、投げ竿などでも問題ありません。

投げ釣りのように遠くへ投げるわけではありませんので、よほど竿先が細くなければ大丈夫だと思います。

ただ、注意は必要です。

 
一般的なサビキ釣りで使う竿より、若干長い目の5m前後の竿がおすすめです。

長い竿ほど、遠くまで狙えます。

 
ウキは、大型ウキを使います。

サビキ釣り ウキ
 
サビキカゴが結構重いので、小さなウキでは沈んでしまいます。

サビキ釣り用のウキが、販売されています。

ウキ下の仕掛けは、サビキ釣りと同じもので構いません。

スポンサーリンク


海釣り 遠投(投げ)サビキ釣りの釣り方

仕掛けを軽くキャストします。

竿を上下にシャクって撒き餌を出し、しばらく当たりを待ちます。

当たりがなければ、再度竿をシャクります。

それでも、当たりがなければ仕掛けを回収します。

カゴにエサを詰めて、キャストします。

 
この釣り方は、広範囲にポイントを探れるというメリットがあります。

そのため、釣れない時は、いろいろなポイントに投げ分けることが重要です。

当たりがあれば、次からはそのポイントを集中的に狙います。
 
 
スポンサーリンク